トップ > アメリカン・ポップ・アート展
  

アメリカン・ポップ・アート展

開催期間2013年8月7日(水)~2013年10月21日(月)
休館毎週火曜日休館
時間10:00-18:00(金曜日は20:00まで)※入場は閉館の30分前まで
会場国立新美術館 企画展示室2E
ホームページhttp://www.tbs.co.jp/american-pop-art2013/
住所東京都港区六本木7-22-2
お問い合わせ先03-5777-8600
アメリカ合衆国コロラド州を本拠地とするジョン・アンド・キミコ・パワーズ夫妻は、日本美術および現代美術の両分野における、世界有数のコレクターとして知られています。特にポップ・アートにおいては、アメリカにおけるその黎明期である1960年代から、パトロンおよびコレクターとしての積極的な活動により、アート・シーンに大きく貢献してきました。夫妻は、ポップ・アートがまだ評価を確立する以前からその真価を見抜き、作家を直接支援することによって、現在見るような個人コレクションとしては世界最大級のポップ・アート・コレクションを築き上げたのです。1999年にジョン・パワーズ氏が亡くなった後も、キミコ夫人は積極的な活動を続け、2011年秋にはジャスパー・ジョーンズの版画の研究・公開・普及などを行うパワーズ・アート・センターがオープンしています。
パワーズ夫妻のコレクションは、アンディ・ウォーホルの最重要作品の一つ《200個のキャンベル・スープ缶》をはじめ、ロイ・リキテンスタイン、クレス・オルデンバーグ、ジェイムズ・ローゼンクイスト、トム・ウェッセルマンら、アメリカン・ポップ・アートの巨匠たち、そしてロバート・ラウシェンバーグ、ジャスパー・ジョーンズら先駆者たちの、代表作の数々を含んでいます。しかしながら、本国アメリカ合衆国の美術館でも、その全貌を紹介する機会が持たれたことは一度もありませんでした。

アメリカのポップ・アートは、1960年代以降、21世紀の現在に至るまで、美術にとどまらずさまざまな分野において、今を生きる文化が生み出される前提の一つであり続けています。1960年代におけるその最盛期の名作をまとまった形で紹介する展覧会は、わが国においてもほとんど開催されたことがありません。今回の展覧会は、ポップ・アートの魅力と真価を紹介したいと願う、主催者の熱意と、日本出身であるキミコ夫人の母国に対する思いが出会うことによって、初めて可能となったプロジェクトです。アンディ・ウォーホルをはじめとする巨匠たちの熱気あふれる芸術に触れる、待望久しい貴重な機会となることでしょう。


観覧料金(税込):
一 般: 1,500円(前売/団体 1,300円)
大学生: 1,200円(前売/団体 1,000円)
高校生: 800円(前売/団体  600円)
※団体料金は20名以上
※中学生以下、障害者手帳をご持参の方と付添の方1名は無料
※8月9日(金)、10日(土)、11日(日)は高校生無料観覧日(学生証の掲示が必要)

トップへ
ニックネーム  
※個々の口コミ・評価は、ユーザーによる主観的なご意見・ご感想です。あくまでも一つのご参考としてご活用ください。
 2013.8.12 
たしかに生でキャンベルスープは観てみたい。グルスキーのコンセプトだって結局はウォーホルがやったことという気がする。
<コメント投稿に関する注意事項>
※投稿は、お客様の自己の責任において行うものとし、当社は、当該サービスを利用したことにより生じた損害に関する一切について何らの責任も負わないものとします。
※下記に該当・類似する投稿が発見された場合、予告無く、本サイト上から削除する場合があります。
 ・公序良俗に反するもの
 ・個人的な売買・譲渡を持ちかける内容、宣伝行為と判断したもの
 ・アートジェーンの管理運営を妨げる等、当社が不適切と判断したもの
Copyright 2018 Artefactory Inc. Allrights reserved.