トップ > 生誕130年 川瀬巴水展 ―郷愁の日本風景
  

生誕130年 川瀬巴水展 ―郷愁の日本風景

開催期間2013年11月26日(火)~2014年1月19日(日)
休館12月2日(月)、16日(月)、29(日)〜1月3日(金)、6日(月)
時間10:00〜18:00(金・土曜日は20:00まで)※入場受付は閉館の30分前まで
会場千葉市美術館
ホームページhttp://www.ccma-net.jp/
住所千葉県千葉市中央区中央3-10-8
お問い合わせ先E-mail webmaster@ccma-net.jp  Tel. 043-221-2311
《房州鴨川》昭和9(1934)年 渡邊木版美術画舗蔵
川瀬巴水は明治16(1883)年、東京市芝区露月町(現在の港区新橋5丁目)の生まれ。幼い頃から絵を好み、画家を志しましたが本格的な修業の開始は遅く、鏑木清方への入門を果した後のこと。すでに27歳になっていました。
転機が訪れたのは大正6(1917)年。同門の伊東深水が手がけた連作《近江八景》を見て木版画の魅力に打たれます。そして版元・渡邊庄三郎と組み、塩原に取材した三部作を翌年発表。写生に基づく温雅な下絵が清新な木版画となり、好評をもって迎えられました。以後旅にでてはスケッチをし、東京に戻っては版画を作るという暮らしを、病で世を去る昭和32(1957)年まで続けたのです。
巴水の旅は日本全国に及びました。名所旧跡も選びましたが、多くはかつて日本のどこにでもあった風景。四季や時刻の表情を大切にし、またしばしば土地に暮らす人々を点景として織り交ぜながら、おぼろ月の、わきたつ入道雲の、そぼふる雨の、しんしん雪の降る風景を、巴水はあくことなく描き続けました。生涯に残した木版画は600点を超えます。旅の印象を抒情的に描くその作風から、「昭和の広重」とも称えられました。
本展は、渡邊庄三郎の孫である渡邊章一郎氏の全面的な協力を得て開催されます。その良質な渡邊版を惜しみなくご出品いただくほか、巴水の生の感興を伝える写生帖や原画類をあわせて展示し、旅先での足取りや版画制作の過程も浮き彫りにします。今やどこにも存在しない、懐かしい日本の風景に会いにーー。展示室を巡る旅に、ぜひおでかけください。

トップへ
ニックネーム  
<コメント投稿に関する注意事項>
※投稿は、お客様の自己の責任において行うものとし、当社は、当該サービスを利用したことにより生じた損害に関する一切について何らの責任も負わないものとします。
※下記に該当・類似する投稿が発見された場合、予告無く、本サイト上から削除する場合があります。
 ・公序良俗に反するもの
 ・個人的な売買・譲渡を持ちかける内容、宣伝行為と判断したもの
 ・アートジェーンの管理運営を妨げる等、当社が不適切と判断したもの
Copyright 2018 Artefactory Inc. Allrights reserved.