トップ > 丸山直文 「夜みる夢を構築できるか」
  

丸山直文 「夜みる夢を構築できるか」

開催期間2013年11月22日(金)~2013年12月21日(土)
休館日・月曜日、祝日
時間12:00 -19:00
会場シュウゴアーツ
ホームページwww.shugoarts.com
住所東京都江東区清澄1-3-2 5階
お問い合わせ先E-mail info@shugoarts.com  Tel. 03-5621-6434
「夜みる夢を構築できるか」 2013 acrylic on cotton 27.5x41cm copyright the artist , courtesy ShugoArts
「hill and sheep」 2013 acrylic on cotton 181.8x227.3cm copyright the artist , courtesy ShugoArts
「December」 2013 acrylic on cotton 72.7x91cm copyright the artist , courtesy ShugoArts
丸山直文は、常にステイニング(滲みやぼやかしによって描く技法)と向き合い制作しています。以前まではコットンキャ ンバスを、映像が投影されるスクリーンとして捉えていたならば、現在は水たまりのように捉えていると言います。風が吹けば水面は揺らぎ、 雨の日にはたっぷりの水を蓄え、晴れの日が続けば消えゆく水たまり。スクリーンとは違い、支持体ですら外界との関わりによって形を変える とき、画家は頭の中で思い描く絵画を現実に構築することができるのでしょうか。
近年の作品はより抽象的に見え、例えば描かれている家のような形も、注意深く見ていると単に記号的なしみの集まりのよ うで、それが果たして家なのか、家のように見える何かなのか、その瞬間だけ家に見えただけなのか、判断するのは困難です。加えて、故郷の 情景や、蝶が不規則に飛び回った軌跡、誰かのお気に入りの洋服の柄、夢の中の色、のような丸山の記憶の断片、日常の欠片を、時代も場所も 背景も大きさもバラバラにかき集めパッチワークのように繋ぎ合わせて、ひとつの画面に現象として定着させているかのようです。
私たちは、皮膚を隔てるとすぐその周りをぐるりと他社に囲まれて生活しています。支持体も、イメージも、環境も、あな たも、わたしも、全てのエレメントが安定しない揺らぎの中で画家は描き、他者はそれを見つめます。他者をコントロールすることはできない と言いながらも、それでも他者と自己を繋ぐものとして描き続ける画家と、画家のいう「世界」を理解することは到底できないと知りながら も、見続ける私たちの関係の矛盾性も、作品から受け取ることができるかもしれません。

丸山直文は1964年新潟 県生まれ、東京を拠点に活動をしています。主な個展に2010年「透明な足」シュウゴアーツ、2009年「丸山直文–後ろの正面」目黒 区美術館(東京)、主なグループ展に2012年「キュレーターからのメッセージ 2012 現代絵画のいま」兵庫県立美術館(兵庫)、2010年「椿会展2010 Trans-Figurative」資生 堂ギャラリー(東京)、2006年「ベルリン–東京」Neue National galerie(ベル リン)、2005年「秘すれば花」森美術館(東京)、2003年「ハピネス:アートに見る幸福への鍵」森美術館(東京)、など。シュ ウゴアーツでは3年ぶりの個展となります。

トップへ
ニックネーム  
<コメント投稿に関する注意事項>
※投稿は、お客様の自己の責任において行うものとし、当社は、当該サービスを利用したことにより生じた損害に関する一切について何らの責任も負わないものとします。
※下記に該当・類似する投稿が発見された場合、予告無く、本サイト上から削除する場合があります。
 ・公序良俗に反するもの
 ・個人的な売買・譲渡を持ちかける内容、宣伝行為と判断したもの
 ・アートジェーンの管理運営を妨げる等、当社が不適切と判断したもの
Copyright 2017 Artefactory Inc. Allrights reserved.