トップ > 「岩手県陸前高田を描く 田崎飛鳥絵画展  -東日本大震災から6年 記憶と祈りをこめて-」
  

「岩手県陸前高田を描く 田崎飛鳥絵画展  -東日本大震災から6年 記憶と祈りをこめて-」

開催期間2017年3月19日(日)~2017年3月20日(月)
休館なし
時間10:00~16:00
会場ぷろぽの福祉ビル Fellow Ship Center 5F
ホームページhttps://readyfor.jp/projects/11163
住所奈良県奈良市大宮町3丁目5番41号
お問い合わせ先09032795087
星になった人々
祈りシリーズ:高田幹部交番
田崎飛鳥さん制作風景
希望の道:夕日の道
田崎飛鳥さんは脳性麻痺の障害を持っていますが、素晴らしい絵を描く方です。小さいときから書きためた200点以上の絵は、3.11の津波ですべて流されました。もちろん、気仙川河口にあったおうちも一緒に消えました。強いショックで筆をとれなかった日々もありましたが、失われた建物や橋を、彼は描き始めました。失われた命は、フクロウや白鳥、トンボや蝶々となって彼の絵の中に登場します。
こんな説明をするとつまらないのですが、とにかく彼の描く絵の色がすばらしい。
近年いうところのアール・ブリュット、アウトサイダー・アートの作家といえます。
東北の方では賞も取ったり、地道に活動をしておいでです。
3.11も次第に忘れられつつあります。陸前高田の海岸には巨大な防波堤が完成しました。でも、人々の心の傷は癒えていません。復興はこれからです。その中で、飛鳥さんの絵を囲んでの絆が少しずつできあがっているのです。

今回は、奈良で、ぜひ、飛鳥さんの絵の展覧会をしたいと思う人々の力を結集して、開催することが決まりました。2日間の短い展覧会ですが、是非、飛鳥さんの素晴らしい絵を見てください。よろしくお願い致します。

飛鳥さんの展覧会は、
「岩手県陸前高田を描く 田崎飛鳥絵画展
 -東日本大震災から6年 記憶と祈りをこめて-」
3月19日(日)、20日(月) 10時から16時まで
場所は ぷろぼの福祉ビル Fellow Ship Center 5階(奈良市大宮町3丁目5番41号)
入場無料
ギャラリートーク:19日14時~15時 飛鳥さんご両親と支援者

トップへ
ニックネーム  
<コメント投稿に関する注意事項>
※投稿は、お客様の自己の責任において行うものとし、当社は、当該サービスを利用したことにより生じた損害に関する一切について何らの責任も負わないものとします。
※下記に該当・類似する投稿が発見された場合、予告無く、本サイト上から削除する場合があります。
 ・公序良俗に反するもの
 ・個人的な売買・譲渡を持ちかける内容、宣伝行為と判断したもの
 ・アートジェーンの管理運営を妨げる等、当社が不適切と判断したもの
Copyright 2017 Artefactory Inc. Allrights reserved.