トップ > 清須ゆかりの作家 黒蕨 壮 彫刻展  木によるリアリティと情念
  

清須ゆかりの作家 黒蕨 壮 彫刻展  木によるリアリティと情念

開催期間2017年4月8日(土)~2017年6月11日(日)
休館月曜日
時間10:00-19:00(入館は18:30まで)
会場清須市はるひ美術館
ホームページhttp://www.museum-kiyosu.jp/exhibition_info/2017/kurowarabisoh/index.html
住所愛知県清須市春日夢の森1番地
お問い合わせ先052-401-3881
⦅軽い肩⦆2005年
⦅引っぱる⦆1994年
清須にゆかりのある作家を紹介するシリーズの第4弾となる本展では、彫刻家・黒蕨(くろわらび)壮(そう)(1951-)を取り上げます。手先が器用だったという祖父の影響で幼少期から木彫に親しんできた黒蕨は、ほぼ独学で現在に至るスタイルを確立。1980年代から全国各地の公募展で大賞を受賞するなど高い評価を受けてきました。清須市阿原八幡の曹洞宗寺院、医王寺に奉納されている黒蕨作の仏像と飛天(天女)像にも、そのすぐれた技術をみることができます。
 道端に落ちた手袋や脱ぎ捨てられたジーンズ、ダンボールなど身の回りのモチーフと、顔をもたない人体の一部を組み合わせた奇妙な造形は、木肌のぬくもりとあいまって生々しい存在感を放ちます。具体的な人物の姿は見えませんが、布の皺の一筋や指の微妙な角度に宿る濃厚な「情念」は、人間の形象以上に人間の真実をあらわしているといえるでしょう。
2015年、日本を代表する彫刻賞である平櫛田中賞を、愛知県在住作家として初めて受賞。その功績等を認められ、2016年には愛知県芸術文化選奨を受賞しています。社会的なメッセージを含んだ初期の代表作からウィットに富んだ最新作まで、円熟味を増す黒蕨壮の創作世界をお楽しみください。
開館10周年記念 加西分館開館記念 特別展「兵庫の古鏡」
2017/4/8~2017/6/18

トップへ
加藤アキラ 孤高のブリコルール
2017/3/18~2017/5/30
ニックネーム  
<コメント投稿に関する注意事項>
※投稿は、お客様の自己の責任において行うものとし、当社は、当該サービスを利用したことにより生じた損害に関する一切について何らの責任も負わないものとします。
※下記に該当・類似する投稿が発見された場合、予告無く、本サイト上から削除する場合があります。
 ・公序良俗に反するもの
 ・個人的な売買・譲渡を持ちかける内容、宣伝行為と判断したもの
 ・アートジェーンの管理運営を妨げる等、当社が不適切と判断したもの
Copyright 2017 Artefactory Inc. Allrights reserved.