トップ > 『没後35年 文承根 藤野登 倉貫徹 』
  

『没後35年 文承根 藤野登 倉貫徹 』

開催期間2017年4月13日(木)~2017年4月29日(土)
休館日曜・月曜
時間11:00 - 18:00
会場ozasakyoto
ホームページhttp://artozasa.com
住所京都府京都市上京区竪門前町414 西陣産業会館207(堀川今出川南西 西陣織会館 西館)
お問い合わせ先E-mail mail@artozasa.com  Tel. 075-417-4041
文承根 「活字球」 ミクストメディア 5.0cmφ 1973年頃
倉貫徹 「化石(アンモナイト)」 樹脂 28 x 35 x 12 cm 1975年
『没後35年 文承根 藤野登 倉貫徹 』

この度、ART OFFICE OZASAでは、文承根(藤野 登)と倉貫徹の二人展を開催致します。

同年代(1947~8年)の二人は、共に吉原治良を主柱とした具体美術協会の新人展などに出展していく中で親睦を深め、その後も親しい間柄として互いに影響しあいながら各々独自の作風を築き上げて行きました。

生まれつき内臓疾患を患っていた文承根は1982年4月13日に34歳という若さで亡くなり、今も尚、様々な美術関係者や愛好家達に惜しまれる作家として人々の記憶の中に存在しています。

今年は文承根の享年から35年を迎え、また京都国立近代美術館で2007年に開催された『文承根+八木正 1973–83の仕事』からちょうど10年目に当たります。

今回の展覧会では文承根、倉貫徹共に60年~70年代の作品を中心に、この節目の年に新たに発見された藤野登のソフトスカルプチャーを展示致します。

是非ご高覧下さいますようお願い申しあげます。



"畏友・文承根が34歳で死去した1982年4月13日から、文が生きた34年を超えた35年目、

あの日、あの時、今の過去、過去の今がよみがえる。" 倉貫徹



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



会期|2017年4月13日(木)~4月29日(土)

場所|ozasakyoto

開廊日時|火―土 11:00~18:00

休廊日|日・月



主な展示作品(予定)

文承根

「ソフトスカルプチャ」1968年頃

「活字球」1973年頃

「モノタイププリント」1978年頃

倉貫徹

「化石(アンモナイト)」1975年

「モノタイププリント」1978年

ほか
―色絵磁器の最高峰― 今右衛門の色鍋島
2017/4/29~2017/6/25

トップへ
川名祐輔×川延悠太×中瀬敦 三人展 「TORICO!!!」
2017/4/3~2017/4/28
ニックネーム  
<コメント投稿に関する注意事項>
※投稿は、お客様の自己の責任において行うものとし、当社は、当該サービスを利用したことにより生じた損害に関する一切について何らの責任も負わないものとします。
※下記に該当・類似する投稿が発見された場合、予告無く、本サイト上から削除する場合があります。
 ・公序良俗に反するもの
 ・個人的な売買・譲渡を持ちかける内容、宣伝行為と判断したもの
 ・アートジェーンの管理運営を妨げる等、当社が不適切と判断したもの
Copyright 2017 Artefactory Inc. Allrights reserved.