トップ > 『橋本倫 展ー宇宙の忘却』
  

『橋本倫 展ー宇宙の忘却』

開催期間2017年4月8日(土)~2017年4月29日(土)
休館日月休
時間12:00〜18:00
会場+Y Gallery プラスワイギャラリー
ホームページhttp://www.plus-y-gallery.com
住所大阪府大阪市中央区南新町1-3-11高分子工学第一ビル301
お問い合わせ先E-mail info@plus-y-gallery.com  Tel. 06-4792-0011
橋本倫 『アーラム・アル=ミサール 』2017年 S25号(80.3×80.3㎝) キャンヴァスに油彩+アルミ親和性金箔 額装  oil & aluminium based gilt on canvas with frame 2017
 このたび、横浜在住の橋本倫の新作による個展を関西で初めて開催します。今回の展覧会では新作を中心に計6点を展示いたします。橋本は1963年横浜市生まれ。十代思春期に入る前の3年間を大阪、北摂で過ごします。1982年多摩美術大学に入学、同大学院美術研究科を修了し、美術家として主に関東を中心に発表をしてまいりました。橋本は一貫して形而上のイデアを絵画制作の核としています。山水の岩を空に浮かせたような不思議な画面、中東の文字や見慣れぬ漢字が描かれていたと思えば記号のような形が見えたり、アジア、東洋的な有機的形状で満たされていたり、見るものを幻惑するような様々な形態が現れます。それらは作者というフィルターを通して必然的に結びつき生み出される形態です。その多様なイメージを前に、見るものは時として意図せぬファクターの出会いによる閃光のような煌めき、あるいは亀裂を見いだすことでしょう。それこそ橋本作品の奥にある深淵や根源を垣間見ることのできる、聖なる稲妻のような役割を果たしているように思えます。その絵画は覚醒した光景においても白昼夢のように私たちを誘い出す強固なイメージを潜めています。生くる私たちを美へと希求させる原動力とは何であるか、そして絵画でしか獲得し得ない空間とは…そのような問いに立ち返り本展をご覧いただきたいと考えています。


内容:新作4点、未発表1点を含む、計6点を展示 
追記:会期前の3月10日— 31日、常設展で旧作を展示します。
   (開廊日はホームページで事前確認ください)
 ▶アーティストトーク 
  日時:4月15日[土]6:00 − 7:00p.m.
     「無常と超越:宇宙物理学と神秘主義哲学から観た絵画の形而上的価値」
  参加費:ワンドリンク付 500円
  申込先:+Y Gallery ☎︎06 4792 0011  info@plus-y-gallery.com


トップへ
ニックネーム  
<コメント投稿に関する注意事項>
※投稿は、お客様の自己の責任において行うものとし、当社は、当該サービスを利用したことにより生じた損害に関する一切について何らの責任も負わないものとします。
※下記に該当・類似する投稿が発見された場合、予告無く、本サイト上から削除する場合があります。
 ・公序良俗に反するもの
 ・個人的な売買・譲渡を持ちかける内容、宣伝行為と判断したもの
 ・アートジェーンの管理運営を妨げる等、当社が不適切と判断したもの
Copyright 2017 Artefactory Inc. Allrights reserved.