トップ > 広瀬良二(Out of Style) 個展 「空へ落ちる線」
  

広瀬良二(Out of Style) 個展 「空へ落ちる線」

開催期間2017年4月1日(土)~2017年4月16日(日)
休館火曜定休
時間14:00~20:00
会場gallery yolcha(ギャラリーヨルチャ)
ホームページhttp://yolcha.jimdo.com/
住所大阪府大阪市北区豊崎1-1-14
お問い合わせ先E-mail gallery.yolcha@gmail.com  Tel. 090-3673-0337
広瀬良二(Out of Style)
個展「空へ落ちる線」

2017.4.1(sat)~4.16(sun)
14:00~20:00 火曜定休
Closed on Tuesdays

大阪・福島のEssential Storeというお店で、棚の上に無造作に置かれていたオブジェ作品のとりこになった。
空間を制し絶妙なバランスで存在していたそれは、時空を越えて未来を指し示す道標のようだった。
後でそれが東京在住でOut of Styleという名で活動する広瀬氏の作品だと知った。還暦を過ぎて尚、ますます精力的に作品制作に勤しむ広瀬氏が、本格的な作家として活動をシフトされたの割と最近のこと。
針金や古物を素材に使ったオブジェ作品を中心に、最近はドローイングにも積極的に取り組まれている。

立体・平面問わず、彼の描く線はダダイズム、シュールレアリズム、抽象表現主義などの名残りを自身の感覚でポエティックに表現してみせる。念願のヨルチャの空間での個展、たくさんの方に広瀬良二=Out of Styleの洗練された閑寂な世界をご覧いただきたい。

***

画面の端で途切れた描線のその先はどこへ向かっているのだろうか。
空間に消えるように断ち切られた針金はその先でどんな形を作っているのだろうか。
眼に映る実体としての絵やオブジェはその周りの見えない世界を暗示、想像させる装置なのでは。
オブジェや絵を制作するのは、実体として見えないものを実在以上に感じようとする行為だと思う。

広瀬良二


【広瀬良二(Out Of Style)/Ryoji Hirose】

1952年生。東京渋谷神宮前で古道具屋「Out Of Style」を8年前まで約15年間経営。店に立ちながら時折オブジェを作り店内に飾ったのを切っ掛けに作家活動を開始。長く寡作状態が続くが最近一年間は制作ペースが向上しつつある。4年前に大阪福島区で期間限定展開のインテリアセレクトショップ「エッセンシャルストア」内ギャラリーで初個展。昨年、東京目黒の「金柑画廊」にて東京では初めての個展開催。作品は主に東京祐天寺にあるインテリアセレクトショップ「SEIN」で取り扱われている。

トップへ
ニックネーム  
<コメント投稿に関する注意事項>
※投稿は、お客様の自己の責任において行うものとし、当社は、当該サービスを利用したことにより生じた損害に関する一切について何らの責任も負わないものとします。
※下記に該当・類似する投稿が発見された場合、予告無く、本サイト上から削除する場合があります。
 ・公序良俗に反するもの
 ・個人的な売買・譲渡を持ちかける内容、宣伝行為と判断したもの
 ・アートジェーンの管理運営を妨げる等、当社が不適切と判断したもの
Copyright 2017 Artefactory Inc. Allrights reserved.