トップ > 清川泰次が写したパリ
  

清川泰次が写したパリ

開催期間2017年4月1日(土)~2017年7月23日(日)
休館毎週月曜日 ※ただし、7/17(月・祝)は開館、7/18(火)は休館
時間10:00〜18:00(最終入館時間 17:30)
会場清川泰次記念ギャラリー
ホームページhttp://www.kiyokawataiji-annex.jp/
住所東京都世田谷区成城2-22-17
お問い合わせ先03-3416-1202
清川泰次撮影(パリにて)1954年  世田谷美術館蔵
清川泰次撮影(パリにて)1954年  世田谷美術館蔵
清川泰次撮影(パリにて)1954年  世田谷美術館蔵
清川泰次《黒の中にみどりの光がある風景》1954-1955年  世田谷美術館蔵
「清川泰次記念ギャラリー外観」 ©宮本和義
ものの形を写すことに捉われない独自の芸術を追求し、絵画、彫刻のみならず生活用品のデザインまで幅広い分野を手がけた清川泰次(1919-2000)。画家として活動する一方で、写真にも強い関心を持ち続けました。本展は、清川が残した数多くの写真から、1954年にパリで撮影された写真約20点をご紹介するものです。
清川は、戦後間もない1951年に単身アメリカへ渡り、3年間シカゴなどで制作活動を行った後、帰国の途中にパリを訪れました。この旅の間、清川はカメラを持ち歩き、当時としてはまだ珍しいカラーフィルムで、現地の街並みを写真に収めました。パリ市内を歩きながら撮影した写真には、エッフェル塔やノートルダム大聖堂をはじめとした名所だけでなく、大通りから外れた細い路地、カフェで過ごす人々など、パリの日常的な風景が写されています。また、画家・藤田嗣治(1886-1968)を訪問し、藤田が当時モンパルナスに構えていたアトリエでもシャッターを切りました。藤田の前でポーズをとるモデルの姿を捉えたその一葉は、清川の帰国後、雑誌『アサヒカメラ』(1955年2月号)の表紙を飾りました。
 近代的な建物が立ち並ぶアメリカで生活した清川の目に、古い街並みが残るパリはどのように映ったのでしょうか。同年代に制作された油彩作品とともに、清川が写したパリの美しい風景をご覧下さい。

※5月27日(土)11:00~ 担当学芸員によるギャラリートーク
 参加費無料(観覧料別途)、事前申込不要

トップへ
ニックネーム  
<コメント投稿に関する注意事項>
※投稿は、お客様の自己の責任において行うものとし、当社は、当該サービスを利用したことにより生じた損害に関する一切について何らの責任も負わないものとします。
※下記に該当・類似する投稿が発見された場合、予告無く、本サイト上から削除する場合があります。
 ・公序良俗に反するもの
 ・個人的な売買・譲渡を持ちかける内容、宣伝行為と判断したもの
 ・アートジェーンの管理運営を妨げる等、当社が不適切と判断したもの
Copyright 2017 Artefactory Inc. Allrights reserved.