トップ > 色あせない風景 滝平二郎の世界 展
  

色あせない風景 滝平二郎の世界 展

開催期間2017年4月22日(土)~2017年7月2日(日)
休館月曜日
時間10:00-20:00 *入館は19:30まで
会場三鷹市美術ギャラリー
ホームページhttp://mitaka-sportsandculture.or.jp/gallery/event/2017030400036/
住所東京都三鷹市下連雀3-35-1 CORAL5F
お問い合わせ先0422-79-0033
チラシ:上:《急がばまわれ》(部分) 1975年 きりえ/和紙・洋紙、墨・水彩 中:《花さき山》 1969年 きりえ/和紙・洋紙、墨・水彩 下:《モチモチの木》(部分) 1971年 きりえ/和紙・洋紙、墨・水彩 ©JIRO TAKIDAIRA OFFICE Inc.
《モチモチの木》 1971年 きりえ/和紙・洋紙、墨・水彩 28.5×48.5cm ©JIRO TAKIDAIRA OFFICE Inc.
《さくら》 1973年 きりえ/和紙・洋紙、墨・水彩 22.5×23.5cm ©JIRO TAKIDAIRA OFFICE Inc.
《すいか》 1972年 きりえ/和紙・洋紙、墨・水彩 17.6×31.4cm ©JIRO TAKIDAIRA OFFICE Inc.
《冬の子供》 1960年 木版/和紙、油性多色摺り(銀箔) 29.0×41.0cm ©JIRO TAKIDAIRA OFFICE Inc.
 滝平二郎(たきだいら じろう)は、1921(大正10)年茨城県新治郡玉川村(現・小美玉市)の農家の次男として生まれました。子どもの頃から絵本や講談本に親しみ、高校時代は漫画サークルに加入し風刺漫画の制作に傾倒します。卒業後は独学で木版画を習得し、身近な農村の日常を題材にした作品を制作し展覧会へ出品するなど画家を志します。徴兵により一時中断を余儀なくされますが、終戦の後に自然とともに生きる人々の姿や自身の戦争体験を題材とした作品を発表し、木版画家としての地位を確立します。

 それらの版画作品と並行して、1950年代後半から本の装幀や挿絵の仕事を手がけます。特に児童文学作家・斎藤隆介(1917-1985)との出会いによって、絵本『八郎』(1967)を皮切りに『花さき山』(1969)、『モチモチの木』(1971)など数々の名作を生み出しました。当初は手書きであった挿絵ですが、木版を経て60年代後半から〈きりえ〉へと移行し、1969年から朝日新聞紙上でもきりえの掲載を開始します。高度経済成長の日本において急速に失われつつあった昔懐かしい農村の風景や遊びなどを温かな色彩で描き出したこの連載は、大きな反響と人気を呼び、その後10年間にわたって継続しました。

 本展では、2009(平成21)年に亡くなった滝平二郎の画業を振り返り、知られざる初期の木版画からきりえへと移行した中期の絵本原画、人気を博した新聞連載の原画まで、その詩情あふれる作品群を紹介します。

トップへ
ニックネーム  
<コメント投稿に関する注意事項>
※投稿は、お客様の自己の責任において行うものとし、当社は、当該サービスを利用したことにより生じた損害に関する一切について何らの責任も負わないものとします。
※下記に該当・類似する投稿が発見された場合、予告無く、本サイト上から削除する場合があります。
 ・公序良俗に反するもの
 ・個人的な売買・譲渡を持ちかける内容、宣伝行為と判断したもの
 ・アートジェーンの管理運営を妨げる等、当社が不適切と判断したもの
Copyright 2017 Artefactory Inc. Allrights reserved.