トップ > 榊莫山と紫舟のシンフォニー
  

榊莫山と紫舟のシンフォニー

開催期間2017年4月15日(土)~2017年7月23日(日)
休館・月曜日(祝日の場合はその翌平日)
時間午前9時から午後5時まで(入館は午後4時30分まで)
会場奈良県美術館
ホームページhttp://www.pref.nara.jp/dd.aspx?menuid=11842
住所奈良県奈良市登大路町10-6
お問い合わせ先business@e-sisyu.com
[作品] 屏風7点/絵画2/書彫刻4点/キュビズム5点/
     浮世絵+墨蹟彫刻1点/書多数
     書家が研鑽を積んだ奈良への原点回帰、
     今日までの軌跡を集めました大規模展です!

紫舟が書家として研鑽を積んだ原点の地、奈良で、三ヶ月にわたる展覧会が開催されます。長期にわたり数多くの作品が展示されるのは、今年唯一の機会です。
本展覧会では、紫舟が奈良から世界へ踏み出し始めた2009年から今年までに制作された作品が、一挙にご覧いただけます。また彫刻と屏風が融合した作品は、東京以外では奈良県で初めて公開されます。
紫舟の特徴は、特定の字体を持たず文字に込めた想いを表現するために自在に字体を使い分けること。ですが、日本語が読めない観客には、従来の書という表現方法だけでは文字に込められた想いを伝えきれないと気付き、書を立体にして光を当てて影を映すという手法に行きつきました。この書という平面を立体へおこす手法を得て、絵の中に文字を描くという日本の伝統的な表現方法も、さらに進化していきました。それは絵の前に文字の彫刻を設置し、文字の影を絵の中に描き出す方法。絵と文字の彫刻が融合した作品は海外でも高く評価され、フランス国民美術協会の展覧会では、現存日本人作家として初の主賓招待アーティストとして展示いたしました。
このように、紫舟の書は書画や彫刻へと進化してきました。書を起点としながら、書の概念にとらわれずに変化し続けてきた紫舟の足跡をたどる貴重な機会に、ぜひお立合い下さいませ。
 
菊地武彦展 「線の形象」
2017/6/5~2017/6/24

トップへ
色あせない風景 滝平二郎の世界 展
2017/4/22~2017/7/2
ニックネーム  
<コメント投稿に関する注意事項>
※投稿は、お客様の自己の責任において行うものとし、当社は、当該サービスを利用したことにより生じた損害に関する一切について何らの責任も負わないものとします。
※下記に該当・類似する投稿が発見された場合、予告無く、本サイト上から削除する場合があります。
 ・公序良俗に反するもの
 ・個人的な売買・譲渡を持ちかける内容、宣伝行為と判断したもの
 ・アートジェーンの管理運営を妨げる等、当社が不適切と判断したもの
Copyright 2017 Artefactory Inc. Allrights reserved.