トップ > ギャラリー矢田パートナーシップ<Next>#5―計画的反抗―
  

ギャラリー矢田パートナーシップ<Next>#5―計画的反抗―

開催期間2017年5月3日(水)~2017年5月14日(日)
休館月曜日休館
時間10:00-19:00(日曜は17:00まで)
会場名古屋市民ギャラリー矢田 第3・5・6展示室
ホームページhttps://www.bunka758.or.jp/scd19_top.html
住所愛知県名古屋市東区大幸南1-1-10 カルポート東3F
お問い合わせ先E-mail higashi-yada@bunka758.or.jp  Tel. 052-719-0430
(c)公益財団法人名古屋市文化振興事業団[市民ギャラリー矢田]
(c)公益財団法人名古屋市文化振興事業団[市民ギャラリー矢田]
ギャラリー矢田パートナーシップ<Next>#5では、はじめて美術を鑑賞される方から美術好きの方まで、より多くの方に楽しんで頂けるよう、「間口が広く、底の深い」作品を展開している2作家を紹介します。
生命や感情といった身近で繊細な素材を、アクロバティックな思考と緻密な計算で作品へ昇華させる長瀬崇裕。イメージと物質の関係性に着目し、版画の技法を思考や展示方法にも展開させている山口麻加。規定された枠組みから離脱させたり、枠組みを逆手に取ってみたり、観る側の認識を軽やかにひっくり返していく二人は、まるで確信犯のようです。
本展では、2作家に共通する魅力から「計画的反抗」というコンセプトを設けました。ぜひ”反抗現場”を目撃して、何らかの手がかりをつかんで頂ければ幸いです。

【出展作家】
長瀬崇裕(ながせ・たかひろ)
1989年静岡県生まれ。
主な展覧会に「若手作家刺激プログラムmotion#3」(市民ギャラリー矢田|愛知|2016)、「FINE ART / UNIVERSITY SELECTION 2016-2017」(つくば美術館|茨城|2016)。

山口麻加(やまぐち・あさか)
1991年大阪府生まれ。
主な展覧会に、「オバケに100回触れてみる」(愛知県美術館ギャラリー|愛知|2016)、「転がる着地点」(YEBISU ART LABO|愛知|2016)。

【関連企画】
ワークショップ「タイトル偽造事件」
5月3日(水)-5月13日(土)

トークイベント
5月13日(土)
■第1部「出品作家独占インタビュー」
■第2部「ワークショップ探偵」
Augustus Browning II "Indivisible imagination"
2017/5/3~2017/5/7

トップへ
多摩美術大学情報デザイン学科メディア芸術コース4年有志展覧会「いとぐち」
2017/5/4~2017/5/7
ニックネーム  
<コメント投稿に関する注意事項>
※投稿は、お客様の自己の責任において行うものとし、当社は、当該サービスを利用したことにより生じた損害に関する一切について何らの責任も負わないものとします。
※下記に該当・類似する投稿が発見された場合、予告無く、本サイト上から削除する場合があります。
 ・公序良俗に反するもの
 ・個人的な売買・譲渡を持ちかける内容、宣伝行為と判断したもの
 ・アートジェーンの管理運営を妨げる等、当社が不適切と判断したもの
Copyright 2017 Artefactory Inc. Allrights reserved.