トップ > 媛県美術館所蔵 杉浦非水─モダンデザインの先駆者─
  

媛県美術館所蔵 杉浦非水─モダンデザインの先駆者─

開催期間2017年4月15日(土)~2017年6月11日(日)
休館月曜日
時間10:00-18:00 (最終入館は17:30まで)
会場細見美術館
ホームページhttp://www.emuseum.or.jp
住所京都府京都市左京区岡崎最勝寺町6-3
お問い合わせ先E-mail info@emuseum.or.jp  Tel. 075-752-5555
三越呉服店 春の新柄陳列会 大正3年(1914)  愛媛県美術館蔵
新宿三越落成十月十日開店 昭和5年(1930)  愛媛県美術館蔵
東洋唯一の地下鉄道 上野浅草間開通 昭和2年(1927)  愛媛県美術館蔵
 明治・大正・昭和にわたり、デザイナーとして活躍した杉浦非水(1876~1965)は、明治9年愛媛県松山市に生まれました。はじめは地元の四条派絵師・松浦巖暉に、さらに東京美術学校入学後は川端玉章に師事し、日本画を学びましたが、在学中にフランス帰りの洋画家・黒田清輝がもたらしたアール・ヌーヴォー様式の図案類に魅せられ、以後図案家として歩み始めます。
 明治41年(1908)には三越呉服店に入社、同店のポスターやPR誌の表紙絵などを担う一方、雑誌の表紙、書籍の装幀、絵葉書、ポスター、パンフレット、商品パッケージなど、さまざまな分野で先進的なデザインを数多く残しています。さらに非水の活動は、作品制作にとどまらず、デザインの研究団体を結成し、展覧会や雑誌の刊行を行ったほか、多摩帝国美術学校の創立に参画するなど、多岐にわたっており、非水はまさに、日本の“グラフィックデザイン”の原点ともいうべき存在です。
 本展は、愛媛県美術館が所蔵する約7,000件に及ぶ非水の作品、関連資料の中から選りすぐりの名品を紹介するものです。京都の美術館で杉浦非水を単独で取り上げる初めての展覧会となるこの機会に、非水のモダンでおしゃれなデザイン世界をご堪能ください。

主催:細見美術館 京都新聞
特別協力:愛媛県美術館 http://www.ehime-art.jp/

トップへ
ニックネーム  
<コメント投稿に関する注意事項>
※投稿は、お客様の自己の責任において行うものとし、当社は、当該サービスを利用したことにより生じた損害に関する一切について何らの責任も負わないものとします。
※下記に該当・類似する投稿が発見された場合、予告無く、本サイト上から削除する場合があります。
 ・公序良俗に反するもの
 ・個人的な売買・譲渡を持ちかける内容、宣伝行為と判断したもの
 ・アートジェーンの管理運営を妨げる等、当社が不適切と判断したもの
Copyright 2017 Artefactory Inc. Allrights reserved.