トップ > 松村淳ガラス作品展-夜にひとり-
  

松村淳ガラス作品展-夜にひとり-

開催期間2017年7月3日(月)~2017年7月15日(土)
休館日曜・祝日
時間11:00〜19:00(最終日は17:00まで)
会場Hideharu Fukasaku Gallery Roppongi
ホームページhttp://www.f-e-i.jp/exhibition/3373/
住所東京都〒106-0032 東京都港区六本木7-8-9 深作眼科ビル1F・B1
お問い合わせ先E-mail hfg@fukasaku.jp  Tel. 03-5786-1505
o b o r o-16.21:13-
paperback-月夜のでんしんばしら−
くうきのかたち
ひとひらの風景−夜のはじまり−
夜の小箱シリーズ
この度、Hideharu Fukasaku Gallery Roppongiでは、「松村淳ガラス作品展-夜にひとり-」を開催致します。
松村氏は多摩美術大学 美術学部工芸学科を卒業し、風景をテーマとした作品を制作しているガラス作家です。色鉛筆で描かれた板ガラスを接着し、周りを研磨して仕上げる積層ガラス方法を用いた作品で、重ねていくことで表現される遠近感と深い色は、ガラスという素材ならではの魅力を感じさせます。松村氏は「私は心地よくつめたいガラスに魅力を感じ、そのつめたさから得られる情景をモチーフに制作しています。
昨年6月までひとりで暮らしていた青森の小さな町では、短い夏に動植物たちは精一杯命を燃やし、
長く暗い冬には世界がなくなってしまったかのように白い静寂に包まれます。
月や山や海は大きく、自分の存在は小さくなってゆき、心に直接ずしりと重みを持って迫りくる大きな自然に包まれるとどこか心細く、寂しくなります。
そしてひとり思いを巡らせ自然に身をゆだねていくうちに、自分と周りの環境の境目が滲んでぼやけていき、時間の流れや自身の体の輪郭もなくなっていくような感覚をもちます。
やがて見ている景色も過去の記憶も夢の中でみたものも輪郭をなくした透明な風景の一つになります。そういったひとりきりでいるときの気持ちや感覚は、何物にもとらわれていない、その人自身の持つ純粋な部分であると思います。今回の個展ではそのひとりきりでいるときに感じたことを手がかりに制作した作品を中心に展示します。
私の作品を通じて、その人自身の持っている大切な気持ちと風景の記憶を辿り、思いだすきっかけとなっていただけたらうれしいです。」と作品制作の思いを語っています。
松村氏ならではの技術で生み出されるガラスの世界をご堪能いただけます。

開催期間: 2017年7月3日(月)〜 7月15日(土)
開場時間:11:00~19:00(最終日17:00 迄) 日・祝休廊 
会  場:Hideharu Fukasaku Gallery Roppongi
(ヒデハルフカサクギャラリー六本木)
住  所:〒106-0032 東京都港区六本木7-8-9 深作眼科ビル1F・B1
料  金:入場無料
TEL : 03-5786-1505 FAX : 03-5786-1506
E-mail : hfg@fukasaku.jp HP: http://www.f-e-i.jp
http://www.facebook.com/hfgroppongi http://twitter.com/HFG_ginza

ACCESS
*都営大江戸線「六本木駅」7番出口より徒歩2分
*東京メトロ日比谷線[六本木駅]4a出口より徒歩3分
*東京メトロ千代田線[乃木坂駅]3番出口より徒歩3分

トップへ
ニックネーム  
<コメント投稿に関する注意事項>
※投稿は、お客様の自己の責任において行うものとし、当社は、当該サービスを利用したことにより生じた損害に関する一切について何らの責任も負わないものとします。
※下記に該当・類似する投稿が発見された場合、予告無く、本サイト上から削除する場合があります。
 ・公序良俗に反するもの
 ・個人的な売買・譲渡を持ちかける内容、宣伝行為と判断したもの
 ・アートジェーンの管理運営を妨げる等、当社が不適切と判断したもの
Copyright 2017 Artefactory Inc. Allrights reserved.