トップ > 夏の企画展 千一億光年トンネル 奥村綱雄、Nerhol、水戸部七絵
  

夏の企画展 千一億光年トンネル 奥村綱雄、Nerhol、水戸部七絵

開催期間2017年5月20日(土)~2017年8月6日(日)
休館月曜日(7/17は開館)、7/9(土)、7/18(火)
時間平日11:00 ̶ 17:00 / 土日祝10:00 ̶ 17:00(最終入館16:30) 《ナイトミュージアム / 会期中第1・3金曜日は20:00まで開館、最終入館19:30 》
会場ミュゼ浜口陽三・ヤマサコレクション
ホームページhttps://www.yamasa.com/musee/exhibitions/20170520-0806/
住所東京都中央区日本橋蛎殻町1-35-7
お問い合わせ先E-mail musee@yamasa.com  Tel. 03-3665-0251
 新しい表現は、見る人に新たな世界を切り開いてくれます。浜口陽三(1909~2000)は、1950年代に手さぐりで銅版画に取り組み、独自の技法を編み出しました。それは何ヶ月もかけて銅の板を彫る手間のかかる技法でしたが、今までにない、光と闇に満ちた作風を生み、世界的な評価を得ました。この夏は、浜口陽三にちなみ、現在、未踏の表現に挑んでいる3人の作家を、浜口の銅版画20余点と共に紹介します。展覧会顧問として、生物学者で美術にも造詣の深い、福岡伸一先生に図録の評論文を書いていただく予定です。手のひらから時空を乗り越え、
別次元へ昇華しようとする作品の数々をご覧下さい。
 奥村綱雄(おくむらつなお)は「パフォーマンスとしての刺繍」を、 二十年以上続けています。あえて夜間警備の仕事に就き、勤務中の待機時間にひたすら針を動かして、小さな布に1000時間以上の作業時間をかたむけます。これは膨大な時間の結晶か、あるいは前衛演劇なのか。7200時間をかけた不可思議な作品「夜警の刺繍」を紹介します。
 Nerhol(ネルホル)は、田中義久と飯田竜太によるアーティスト・デュオです。レイヤー(層)を用いた洗練された手法で、時間や存在のゆらぎを提示します。昨年は伐採された街路樹を薄切りにして撮影し、その写真を重ね、年輪さながらに木の持つ雄大な時間と歴史を彫り出しました。今回はこのシリーズを中心に、新作も加え、静かな思索空間を展開します。
 水戸部七絵(みとべななえ)は、顔をテーマに描くスケールの大きな最近注目の若手作家です。油彩絵具を時には一日100本以上を使って豪快に塗り重ね、崩れることも臆さずに匿名の顔を描きあげます。絵画として描いていますが、作品は立体さながらに 盛り上がり、大胆な色彩と質感で迫ってきます。

トップへ
ニックネーム  
<コメント投稿に関する注意事項>
※投稿は、お客様の自己の責任において行うものとし、当社は、当該サービスを利用したことにより生じた損害に関する一切について何らの責任も負わないものとします。
※下記に該当・類似する投稿が発見された場合、予告無く、本サイト上から削除する場合があります。
 ・公序良俗に反するもの
 ・個人的な売買・譲渡を持ちかける内容、宣伝行為と判断したもの
 ・アートジェーンの管理運営を妨げる等、当社が不適切と判断したもの
Copyright 2017 Artefactory Inc. Allrights reserved.