トップ > ぎをん 齋藤コレクション―布の道標― 古裂に宿る技と美
  

ぎをん 齋藤コレクション―布の道標― 古裂に宿る技と美

開催期間2017年6月17日(土)~2017年8月20日(日)
休館毎週月曜日(祝日の場合、翌火曜日)
時間午前10時~午後6時(入館は午後5時半まで)
会場細見美術館
ホームページhttp://www.emuseum.or.jp/
住所京都府京都市左京区岡崎最勝寺町6-3
お問い合わせ先0757525555
唐花文錦 1裂 (奈良時代 8世紀)
花文辻が花染 1裂 (室町~桃山時代 16世紀)
岩に百花文慶長裂 1裂 (江戸 17世紀)
 今に伝わる染織遺品は、その時々最高の素材や技術を駆使して生み出され、権威や富を象徴するものでもあります。本来の役目を終えた小さな断片=裂〈きれ〉は「古裂〈こぎれ〉」とよばれ、茶の湯の世界をはじめ、美術工芸品を守り、引き立てるだけでなく、裂そのものが芸術品として永く大切に愛で伝えられてきました。
 本展は、そのコレクションより中国唐代に遡る貴重な遺品や、民間に流出した最大級の正倉院裂として近年、話題を呼んだ「唐花文錦」をはじめ、中世の綾・錦から近世の辻が花や慶長裂、友禅など東洋染織史を概観できる染織芸術品の数々を紹介するものです。

ぎをん 齋藤とは―
京呉服の老舗「ぎをん 齋藤」は江戸時代から京都・祇園に店を構え、本年で創業176年を迎えます。
7代目・現当主の齋藤貞一郎氏は、染織コレクターとしても知られ、蒐集品に学んで精力的に古典の技法や意匠の復刻に取り組まれています。

ぎをん 齋藤 http://www.gion-saito.com/

トップへ
ニックネーム  
<コメント投稿に関する注意事項>
※投稿は、お客様の自己の責任において行うものとし、当社は、当該サービスを利用したことにより生じた損害に関する一切について何らの責任も負わないものとします。
※下記に該当・類似する投稿が発見された場合、予告無く、本サイト上から削除する場合があります。
 ・公序良俗に反するもの
 ・個人的な売買・譲渡を持ちかける内容、宣伝行為と判断したもの
 ・アートジェーンの管理運営を妨げる等、当社が不適切と判断したもの
Copyright 2018 Artefactory Inc. Allrights reserved.