トップ > 開館15周年記念 明治有田創業400年記念 明治有田超絶の美 万国博覧会の時代
  

開館15周年記念 明治有田創業400年記念 明治有田超絶の美 万国博覧会の時代

開催期間2017年7月1日(土)~2017年8月27日(日)
休館月曜日(ただし7月17日は開館)、7月18日
時間10:00~18:00
会場岐阜県現代陶芸美術館 ギャラリーⅠ
ホームページhttp://www.cpm-gifu.jp/museum
住所岐阜県多治見市東町4-2-5(セラミックパークMINO内)
お問い合わせ先0572-28-3100
染付蒔絵富士山御所車文大花瓶 1873(明治6)年 有田ポーセリンパーク蔵 写真提供:世界文化社
精磁会社 色絵鳳凰花唐草文透彫大香炉 1879(明治12)年~1897(明治30)年頃 個人蔵 写真提供:世界文化社
 江戸時代初期、日本で初めて磁器の焼成に成功した有田では、国内外に向けて品格のある華やかな製品が数多くつくられました。
それらはヨーロッパ各国の王侯貴族を虜にするとともに、西洋磁器にも多大なる影響を与えていきます。
 明治時代に入ると日本の陶磁器は、前代からの伝統を受け継ぎながら政府による殖産興業政策のもと、西洋技術の導入や意匠改良などをおこなうことで転換期を迎えます。
 そうしたなか、絢爛豪華でありながらも先進性を備えた有田磁器は、1873(明治6)年のウィーン万国博覧会をはじめ、世界各国で開催された博覧会を舞台に躍進し、高い評価を受けました。
 有田焼創業400 年を記念した本展では、明治時代の同地を牽引した香蘭社や精磁会社を中心に、万国博覧会の出品作品やそれらの元となった図案などをご紹介いたします。
 躍動する時代の中で生まれ、世界を魅了した華麗なる作品の数々を通じて、明治有田の超絶の美をご堪能ください。

トップへ
ニックネーム  
<コメント投稿に関する注意事項>
※投稿は、お客様の自己の責任において行うものとし、当社は、当該サービスを利用したことにより生じた損害に関する一切について何らの責任も負わないものとします。
※下記に該当・類似する投稿が発見された場合、予告無く、本サイト上から削除する場合があります。
 ・公序良俗に反するもの
 ・個人的な売買・譲渡を持ちかける内容、宣伝行為と判断したもの
 ・アートジェーンの管理運営を妨げる等、当社が不適切と判断したもの
Copyright 2018 Artefactory Inc. Allrights reserved.