トップ > 清川泰次 季節の情景
  

清川泰次 季節の情景

開催期間2017年8月5日(土)~2017年12月3日(日)
休館毎週月曜日(祝日の場合は翌日休)※9月18日(月・祝)は開館、9月19日(火)は休館。10月9日(月・祝)は開館、10月10日(火)は休館。
時間10:00-18:00(最終入館17:30)
会場世田谷美術館分館 清川泰次記念ギャラリー
ホームページhttp://www.kiyokawataiji-annex.jp/
住所東京都世田谷区成城2-22-17
お問い合わせ先kiyokawa.taiji.annex@samuseum.gr.jp
清川泰次《早い夏》1959年 世田谷美術館蔵
清川泰次《Fall(秋)》1959年 世田谷美術館蔵
清川泰次《Lavender Poem-59》1958年 世田谷美術館蔵
清川泰次《季節の外-59》1959年 世田谷美術館蔵
一年を通じて少しずつ移ろいゆく季節。画家・清川泰次(1919-2000)は、独自の抽象的な表現で、季節のさまざまな情景を描きました。
静岡県浜松市に生まれた清川泰次は、慶應義塾大学在学中に油彩画を始めました。初期には具象的な作品を描いていましたが、「本当の絵画とはなにか?」を探求したいと1951年から3年間アメリカへ渡り、本格的に抽象表現へと移行します。約60年にわたり画歴を重ねるなかで、少しずつスタイルを変えながら、もののかたちを写すことに捉われない芸術を探求し続けました。
本展では、季節を主題とした作品を中心に、アメリカから帰国直後の1950年代後半から60年代初頭にかけて制作された油彩画10数点をご紹介します。この時期、清川は《早い夏》や《早春-56》をはじめ、複雑に交差する線や点、色彩豊かな色面を用いて季節を表現した作品を多く描きました。アメリカで抽象表現主義に触れ、新たなスタイルの模索を始めた清川による、季節の情景をご覧ください。

トップへ
ニックネーム  
<コメント投稿に関する注意事項>
※投稿は、お客様の自己の責任において行うものとし、当社は、当該サービスを利用したことにより生じた損害に関する一切について何らの責任も負わないものとします。
※下記に該当・類似する投稿が発見された場合、予告無く、本サイト上から削除する場合があります。
 ・公序良俗に反するもの
 ・個人的な売買・譲渡を持ちかける内容、宣伝行為と判断したもの
 ・アートジェーンの管理運営を妨げる等、当社が不適切と判断したもの
Copyright 2017 Artefactory Inc. Allrights reserved.