トップ > TOKYO×PRINT×LANDSCAPE Ⅱ 〜新しい季節をまちながら〜
  

TOKYO×PRINT×LANDSCAPE Ⅱ 〜新しい季節をまちながら〜

開催期間2017年12月6日(水)~2017年12月11日(月)
休館なし
時間12:00〜19:00
会場Gallery 子の星
ホームページhttps://tokyoprintlandscape.jimdo.com/
住所東京都渋谷区代官山町13-8キャッスルマンション113
お問い合わせ先tokyo.print.landscape@gmail.com
東京会20160229
東京会20160229
Aiko HATTORI
Hidemi MOMMA
Syotaro YOSHIDA
「東京の今」を描く

本展は風景をモチーフに版画で制作活動を行う作家による「東京の今」をテーマに描く展覧会です。同じ「風景を描く」という共通点を持つ3名の作家が「東京」をテーマにそれぞれの視点で現在の東京23区の日常を描きます。本展は1年に1度開催し、4年かけて23区を完成させます。2017年はその第2回目となります。
出品するハットリアイコ、吉田庄太郎、門馬英美の3名は武蔵野美術大学で版画を専攻し板目木版、木口木版、シルクスクリーンという技法を用いて「風景」をモチーフに制作をしている作家です。大学を出てからはそれぞれ方法は違えど表現活動を続けてきた3名。ハットリは日常の自然な一瞬を切り取り、その瞬間を止めるように風景を摺り取ります。吉田はビュランで光を捉えるように、人々の息遣いが聞こえる生活感が漂う空気を描きます。門馬は多くの色を緻密に刷り重ね、風景を鮮やかな色彩で紙に刷り込むように表現します。それぞれの成長と風景への思いを、版を重ねるように積み重ねます。東京で暮らし、働く3名の作家がどのような視点で風景を切り取るのか、今を生きる版画家が「東京の今」を探ります。

また本展では版画の複数性を活かし23区のカレンダーを制作いたします。限定部数45部で今回は台東区・渋谷区・荒川区・文京区・北区、新宿区を描きます。同じ版画でありながら、風景の捉え方、感じ方はさまざまです。色を重ね、面で描く版画技法を使い普段私たちが見ている「東京」を作家を通して見ることでどんな新しい姿として描かれるのか、現代版浮世絵とも言える作品たちをお楽しみください。



Portraying Tokyo’s Moments
TOKYO×PRINT×LANDSCAPE is a series of exhibitions comprised of three artists who have a common practice of depicting landscape. It has been held for four consecutive years since 2016, portraying Tokyo cityscape from each artist’s perspective. Aiko HATTORI, Hidemi MOMMA, and Syotaro YOSHIDA continue to explore various printmaking techniques such as woodcut, silkscreen and wood-engraving in their reproduction of landscape. A new Tokyo’s moments to be recreated through the printmakers’ eyes.

トップへ
ニックネーム  
<コメント投稿に関する注意事項>
※投稿は、お客様の自己の責任において行うものとし、当社は、当該サービスを利用したことにより生じた損害に関する一切について何らの責任も負わないものとします。
※下記に該当・類似する投稿が発見された場合、予告無く、本サイト上から削除する場合があります。
 ・公序良俗に反するもの
 ・個人的な売買・譲渡を持ちかける内容、宣伝行為と判断したもの
 ・アートジェーンの管理運営を妨げる等、当社が不適切と判断したもの
Copyright 2017 Artefactory Inc. Allrights reserved.