トップ > 笹川治子「リコレクション―ベニヤの魚 Recollection: the Plywood Fish」
  

笹川治子「リコレクション―ベニヤの魚 Recollection: the Plywood Fish」

開催期間2017年8月25日(金)~2017年9月17日(日)
休館火・水休み
時間11:00-19:00
会場Yoshimi Arts
ホームページhttp://www.yoshimiarts.com/exhibition/20170825_Haruko_Sasakawa-Recollection.html
住所大阪府大阪市西区江戸堀1-8-24 若狭ビル3F
お問い合わせ先E-mail info@yoshimiarts.com  Tel. 06-6443-0080
展覧会イメージ ⓒHaruko Sasakawa
個展 「リコレクション - ベニヤの魚雷 Recollection - Human Torpedo」 2015 (東京藝術大学美術館) ⓒHaruko Sasakawa
この度、Yoshimi Artsは、笹川治子の個展「リコレクション―ベニヤの魚 Recollection: the Plywood Fish」を開催致します。
笹川治子は、メディアから人々はどのように影響を受けるのかという興味から社会的なテーマを扱ってきました。2016年の自身の博士論文「メディアのなかの戦争 ――戦争画からゲームまで」と、2015年12月に企画したグループ展「戦争画 STUDIES」(東京都美術館)で、戦時中に美術やデザインがメディアとしてどのように動員されたのかを考察しました。
本展で展示するのは、2015年に東京藝術大学大学院博士審査展で発表した作品です。彼女の祖父が陸軍の特攻隊に送られた戦争体験をもとに、実際に祖父が帰属したであろう当時の現場に赴き、また目撃したという兵器などを様々な資料と照らし合わせ探求しました。祖父の言う人間魚雷は、鉄板ではなくベニヤ板でできていたといいます。
本展では、再構成して展示します。

Yoshimi Arts


収集した資料や祖父の証言から、あらためてベニヤ板製の魚雷を作成した。 魚雷には潜望鏡が取り付けられており、私が島をめぐって収集した写真をのぞき見ることが出来る。潜望鏡からぼんやりと見える像は、祖父が当時見たものかもしれない。 しかしどの写真もいまの風景でしかなく、彼が見た風景をすべて捉えることはどうしてもできない。

笹川治子

トップへ
ニックネーム  
<コメント投稿に関する注意事項>
※投稿は、お客様の自己の責任において行うものとし、当社は、当該サービスを利用したことにより生じた損害に関する一切について何らの責任も負わないものとします。
※下記に該当・類似する投稿が発見された場合、予告無く、本サイト上から削除する場合があります。
 ・公序良俗に反するもの
 ・個人的な売買・譲渡を持ちかける内容、宣伝行為と判断したもの
 ・アートジェーンの管理運営を妨げる等、当社が不適切と判断したもの
Copyright 2017 Artefactory Inc. Allrights reserved.