トップ > 猪熊弦一郎展 戦時下の画業
  

猪熊弦一郎展 戦時下の画業

開催期間2017年9月16日(土)~2017年11月30日(木)
休館会期中無休
時間10:00-18:00(入館は17:30まで)
会場丸亀市猪熊弦一郎現代美術館
ホームページhttp://mimoca.org
住所香川県丸亀市浜町80-1
お問い合わせ先0877-24-7755
 猪熊弦一郎(1902?93)は、40歳前後に戦争の時期を過ごしました。1939年、パリ遊学のさなかに第二次世界大戦が勃発、戦況の悪化に伴い帰国を余儀無くされます。日本においても戦時色は日ごとに増し、41年には文化視察の名目で中国へ、12月に太平洋戦争が開戦してのちは、作戦記録画を描く従軍画家として、42年フィリピン、43年ビルマ(現ミャンマー)と、三度戦地へ派遣されました。
 猪熊が軍の委嘱で描いた作戦記録画として、当時の資料から画像が確認できるものが二点あり、そのうちフィリピンのコレヒドールを描いた一点は戦時中に行方知れずとなり、もう一点、ビルマの泰緬鉄道建設現場を描いた《○○方面鉄道建設》(1944年、東京国立近代美術館所蔵 無期限貸与作品)のみ現存しています。他に戦争を直接あらわした絵はほとんど残っておらず、一方、従軍先で市井の人々や風景を描いた油彩画、疎開先で描いたデッサンなどは、猪熊の手元に保管されていました。その多くは日常を描いた当たり障りのない写実的なもので、表現が規制された当時の状況や、それでも何か描かずにはいられなかった画家の有り様がうかがえます。
 戦後、猪熊は戦争画について、自分の思いを語ることはほぼありませんでした。戦後70年を過ぎて戦時下の芸術が再考されるなか、本展では、同時期の猪熊の足跡をたどり、一人の画家が戦争とどう向き合い、その画業に戦争がどう影響したのかを検証します。作戦記録画を含む当時の作品に加え、写真、日記、書籍、書簡等の資料、親交が深かった藤田嗣治、佐藤敬、小磯良平等、他作家の記録画もあわせて紹介します。

トップへ
ニックネーム  
<コメント投稿に関する注意事項>
※投稿は、お客様の自己の責任において行うものとし、当社は、当該サービスを利用したことにより生じた損害に関する一切について何らの責任も負わないものとします。
※下記に該当・類似する投稿が発見された場合、予告無く、本サイト上から削除する場合があります。
 ・公序良俗に反するもの
 ・個人的な売買・譲渡を持ちかける内容、宣伝行為と判断したもの
 ・アートジェーンの管理運営を妨げる等、当社が不適切と判断したもの
Copyright 2018 Artefactory Inc. Allrights reserved.