トップ > 画人繚乱
  

画人繚乱

開催期間2017年9月16日(土)~2018年1月8日(月)
休館木曜日(祝日は開館)、1月1日
時間9:30 am-4:30 pm(入館は4:00 pmまで)
会場ハラ ミュージアム アーク 特別展示室 觀海庵
ホームページhttp://www.haramuseum.or.jp
住所群馬県渋川市金井2855‐1
お問い合わせ先E-mail arc@haramuseum.or.jp  Tel. 0279-24-6585
【前期】2017年9月16日[土]-11月15日[水]
【後期】2017年11月17日[金]-2018年1月8日[月・祝]

日本美術の長い伝統の中で、多くの画人たちがあまたの優品を残してきました。中でも狩野派は日本美術史上最大の画家集団であり、400年にわたり画壇の中心をになってきました。狩野派による一連の「三井寺旧日光院客殿障屏画」は原六郎コレクションを代表する作品の一つです。また、日本美術は中国大陸の文化を参照し、取り入れながら発展してきましたが、清時代の画人沈南蘋は、円山応挙や司馬江漢など、多くの日本画家にも影響を与えたといわれています。司馬江漢は西洋絵画も研究して油彩にも取り組み、近代絵画を先取りしていました。このようなさまざまな画人たちの多彩な表現をご鑑賞ください。

■出品作品
古美術
【全期】円山応挙「淀川両岸図巻 下図」江戸時代/「近江八景図硯箱」江戸時代
【前期】森徹山「百鶴図屏風」江戸時代/狩野派「帰去来・放白鷳図」(三井寺旧日光院客殿障壁画)桃山~江戸時代 など
【後期】沈南蘋「老松白鶴図「双鶴桂子蘭孫図」清時代/司馬江漢「冨嶽図」江戸時代 など
現代美術
今井俊満「細雪」1984年 など

トップへ
ニックネーム  
<コメント投稿に関する注意事項>
※投稿は、お客様の自己の責任において行うものとし、当社は、当該サービスを利用したことにより生じた損害に関する一切について何らの責任も負わないものとします。
※下記に該当・類似する投稿が発見された場合、予告無く、本サイト上から削除する場合があります。
 ・公序良俗に反するもの
 ・個人的な売買・譲渡を持ちかける内容、宣伝行為と判断したもの
 ・アートジェーンの管理運営を妨げる等、当社が不適切と判断したもの
Copyright 2017 Artefactory Inc. Allrights reserved.