トップ > 菅原玄奨展  「東京の人」
  

菅原玄奨展  「東京の人」

開催期間2017年10月17日(火)~2017年10月28日(土)
休館日・祝休廊 
時間11:00~19:00(最終日17:00 迄)
会場Hideharu Fukasaku Gallery Roppong
ホームページhttp://www.f-e-i.jp/exhibition/3868/
住所東京都港区六本木7-8-9 深作眼科ビル1F・B1
お問い合わせ先E-mail hfg@fukasaku.jp  Tel. 03-5786-1505
この度、Hideharu Fukasaku Gallery Roppongiでは、菅原 玄奨展 『 東京の人 』を開催致します。

菅原氏は、「非テクスチャーと触覚性」をテーマに人体像を制作する彫刻家です。
東京造形大学 彫刻専攻領域を経て、同大学院に在籍する菅原の作品は、
従来のアカデミックな塑造表現を立脚点としながらも、
人物の本質的な生命感や原初的な美を描写するものではありません。
ありふれたユースファッションを身にまとった人々を粘土によって表現しながら、
既存の塑造彫刻の持つ重量感やテクスチャーを排除することで、
現代人の匿名性や虚無の具現化を試みてきました。
また、粘土の持つ可塑性と、流動的に変転していく現代社会とを同義として捉えてきたと話す
菅原の作品群は、物理的な束縛の強い彫刻特有の既存概念とは異なる軽快な自由さを感じさせます。
今回の個展『 東京の人 』では、現代の東京の街で目にした人物をモデルに制作された新作の立像と、
その呼び水として描かれたドローイングを発表。
タイトルは、日本の近代彫刻史を語る上で欠かすことのできない彫刻家 佐藤忠良が制作した
『群馬の人』へのオマージュでもあります。
東京という街で生まれ育ち、塑造によって“今”のカタチを追い求める菅原玄奨の作品群に是非ご注目下さい。


開催期間: 2017年10月17日(火)〜 10月28日(土)
開場時間:11:00~19:00(最終日17:00 迄) 日・祝休廊 
会  場:Hideharu Fukasaku Gallery Roppongi
(ヒデハルフカサクギャラリー六本木)
住  所:〒106-0032 東京都港区六本木7-8-9 深作眼科ビル1F・B1
料  金:入場無料
TEL : 03-5786-1505 FAX : 03-5786-1506
E-mail : hfg@fukasaku.jp HP: http://www.f-e-i.jp
http://www.facebook.com/hfgroppongi http://twitter.com/HFG_ginza

ACCESS
*都営大江戸線「六本木駅」7番出口より徒歩2分
*東京メトロ日比谷線[六本木駅]4a出口より徒歩3分
*東京メトロ千代田線[乃木坂駅]3番出口より徒歩3分

トップへ
ニックネーム  
<コメント投稿に関する注意事項>
※投稿は、お客様の自己の責任において行うものとし、当社は、当該サービスを利用したことにより生じた損害に関する一切について何らの責任も負わないものとします。
※下記に該当・類似する投稿が発見された場合、予告無く、本サイト上から削除する場合があります。
 ・公序良俗に反するもの
 ・個人的な売買・譲渡を持ちかける内容、宣伝行為と判断したもの
 ・アートジェーンの管理運営を妨げる等、当社が不適切と判断したもの
Copyright 2017 Artefactory Inc. Allrights reserved.