トップ > やんばるアートフェスティバル 2017-2018 ヤンバルニハコブネ
  

やんばるアートフェスティバル 2017-2018 ヤンバルニハコブネ

開催期間2017年12月9日(土)~2018年1月8日(月)
休館※各会場の休刊日は、公式HPを参照してください
時間※各会場の開場時間は、公式HPを参照してください
会場沖縄本島 北部地域各所
ホームページhttp://yambaru-artfes.jp
住所沖縄県下記、および公式HPを参照してください
お問い合わせ先098-861-5141
沖縄県北部で初となる地域芸術祭『やんばるアートフェスティバル 2017-2018 ヤンバルニハコブネ』を、2017年12月9日(土)から2018年1月8日(月)まで、沖縄本島北部地域各所にて開催いたします。

沖縄本島北部地域やんばる地区は、2016年に国立公園に指定され、2018年には世界自然遺産登録に向けた機運が高まっています。手つかずの自然とヤンバルクイナなどの希少動物の宝庫である「やんばる」の原風景とともに、現代アートや伝統工芸を体感・体験できるアートフェスティバルです。

沖縄の原風景を撮り続けてきた沖縄県在住の写真家・アートディレクター、仲程長治氏を総合ディレクターに迎え、大宜味村立旧塩屋小学校(大宜味村)をメイン会場に、沖縄本島北部各地域で現代アート<エキシビジョン部門>と伝統工芸<クラフト部門>を展開します。同小学校を「ハコブネ」に見立て、 地域にあふれる「アートのタネ」を発見、体感、さらには創作、発信、共有することで、 失くしてはならない島の宝を次世代へ、未来へと運んでいくことを目的にします。

●現代アートが一同に会す<エキシビジョン部門>
<エキシビジョン部門>では、椿昇(美術家)、紫舟(書家)、高木正勝(映像・音楽作家)、照屋勇賢(美術家)、淀川テクニック(美術家)らを筆頭に、デザインやイラストなども含めた、多彩なクリエイティブが展示されます。

●熊谷隆志氏ディレクションの<クラフト部門>
<クラフト部門>では、様々なファッションブランドのブランディングやクリエイティブ・ディレクターとして活躍する熊谷隆志氏をディレクターに迎え、沖縄の伝統工芸を展示販売。熊谷氏が厳選した、芭蕉布織物工房、城間びんがた工房、若手から実力派までの陶芸・工芸が出品されます。

【開催場所】
沖縄本島 北部地域
 大宜味村 大宜味村立旧塩屋小学校、大宜味村立芭蕉布会館
 国頭村 オクマ プライベートビーチ & リゾート
 本部町 海洋博公園(予定)
 名護市 なごアグリパーク、美ら島自然学校、名護市民会館前 アグー像 など

トップへ
ニックネーム  
<コメント投稿に関する注意事項>
※投稿は、お客様の自己の責任において行うものとし、当社は、当該サービスを利用したことにより生じた損害に関する一切について何らの責任も負わないものとします。
※下記に該当・類似する投稿が発見された場合、予告無く、本サイト上から削除する場合があります。
 ・公序良俗に反するもの
 ・個人的な売買・譲渡を持ちかける内容、宣伝行為と判断したもの
 ・アートジェーンの管理運営を妨げる等、当社が不適切と判断したもの
Copyright 2017 Artefactory Inc. Allrights reserved.