トップ > 山本浩二個展 Another Nature × 老松 / 2017年新作
  

山本浩二個展 Another Nature × 老松 / 2017年新作

開催期間2017年10月21日(土)~2017年11月5日(日)
休館火、水曜
時間12:00 - 19:00
会場丼池(どぶいけ)繊維会館 / MAISON
ホームページhttp://designde.jp/2017/09/kojiyamamoto2017/
住所大阪府大阪府大阪市中央区久太郎町3丁目1-16 丼池繊維会館
お問い合わせ先E-mail info@designde.jp  Tel. 06-6444-4704
「黒松」2017, 194 x 130 cm, カンバスに墨と絵具
「Another Nature」, 2017, 100 x 100 cm, カンバスに墨と絵具
山本浩二展 Un'Altra Natura e Vecchio Pino Vivente ロレンツェッリ・アルテ・ミラノ 2017年9月8日-10月31日
この度、de sign de >では2017 年10 月21 日[ 土] より、約2年半ぶりとなります山本浩二個展”Another Nature × 老松 / 2017 年新作”を開催致します。
山本浩二は、1973 年から3 年間マドリードのシルクロ美術研究所ならびにプラド美術館で学んで以降、イギリス、アメリカ、フランス、スイス、韓国、イタリア等の国際展での活動を続けてきました。1987 年のポーランド国際シンポジウム招待制作・個展を経て、近年はミラノを中心に東京、大阪などで精力的な発表を続けています。
2009 年、ロレンツェッリ アルテ・ミラノにおいて「もうひとつの自然 Another Nature」を発表し、2013 年には、ミラノの老舗美術出版社・ボッカ書店の天井壁画としても同シリーズを制作しました。2011 年、思想家で武道家の内田 樹氏が主催する合気道場「凱風館/ 能舞台」に「老松」を制作し、続いて2013 年よりシリーズ「黒松」の制作を開始。2014 年「生きている老松/ 山本浩二」展(金沢能楽美術館)にて発表。2015 年には「もうひとつの自然」、「生きている老松」の2シリーズを並べた初の個展をde sign de>にて開催。同展覧会は2016 年にはロレンツェッリ アルテ・ミラノに新作を加えて巡回し、多くの来場者に恵まれました。
2つのシリーズ「Another Nature」と「老松」には共通して、その抽象的な造形が静止した平面上にあっても、生まれ出る/ 死に往く生命の身の” ねじれ” をモチーフに生命の運動と時間性を表象しています。
時に空間を変容させる回路、異世界への入口として立ち現れる山本浩二の世界を、この機会にぜひご高覧ください。

※10月21日はトークイベント/オープニングレセプションため、17時よりイベント参加のお客様以外は入場不可となります。途中入場も可能ですので、是非ともご参加下さい。

オープニングトーク 山本浩二 × 服部滋樹(graf代表) “建築・プロダクト・絵画” 
会場:丼池(どぶいけ)繊維会館 /MAISON
日程:10 月 21 日( 土) 17:00 – 18:30
参加費 : 無料
お申込み方法 : 件名に「山本浩二個展」と明記し、お名前、連絡のつく電話番号を明記の上、info@designde.jp宛にお知らせ下さい。追ってご返信します。(先着順)
※トークイベント後にオープニングレセプションを開催致します。

トップへ
ニックネーム  
<コメント投稿に関する注意事項>
※投稿は、お客様の自己の責任において行うものとし、当社は、当該サービスを利用したことにより生じた損害に関する一切について何らの責任も負わないものとします。
※下記に該当・類似する投稿が発見された場合、予告無く、本サイト上から削除する場合があります。
 ・公序良俗に反するもの
 ・個人的な売買・譲渡を持ちかける内容、宣伝行為と判断したもの
 ・アートジェーンの管理運営を妨げる等、当社が不適切と判断したもの
Copyright 2017 Artefactory Inc. Allrights reserved.