トップ > 『Baccarat ETERNAL LIGHTS -歓びのかたち- 』
  

『Baccarat ETERNAL LIGHTS -歓びのかたち- 』

開催期間2017年11月3日(金)~2018年1月8日(月)
休館無し
時間12:00~24:00
会場恵比寿ガーデンプレイス
住所東京都渋谷区恵比寿4-20
お問い合わせ先03-5423-7111
バカラ シャンデリア
バカラ シャンデリア
時計広場の展開イメージ
恵比寿ガーデンプレイス(gardenplace.jp)とバカラ パシフィック株式会社(www.baccarat.com)は、2017年11月3日(金・祝)から2018年1月8日(月・祝)までの期間中、恵比寿ガーデンプレイスのセンター広場をメイン会場とし、クリスマス・イルミネーションを中心とした『Baccarat ETERNAL LIGHTS -歓びのかたち- 』を開催します。本年も特別協賛社としてSUS株式会社(www.sus.co.jp)を迎え、世界最大級のバカラ シャンデリアの展示をはじめとした装飾により、クリスマスシーズンを迎える恵比寿の街を盛り上げます。

18回目を迎える今年は、「timeless-時代を超えた永遠の価値-」のテーマのもとに、クリスタル独特の透明感を持った華麗で正統的なデザインのバカラシャンデリアを展示します。職人により、250年余り継承される卓越したクリスタル技術を反映したシャンデリアは、高さ5m、幅3m、クリスタルパーツ数8,472、ライト総数250灯の世界最大級のものです。時代を超え、変わらない美しさにより観る人を魅了します。
また、環境、サスティナブルにも配慮し、シャンデリアの灯を白熱球からLEDに、シャンデリアケースをアルミで制作するなど時代に適した素材となっています。アルミは3R(リデュース、リユース、リサイクル)を可能にするだけでなく、金属でありながら温かい色合いや素材感で、バカラシャンデリアを包みます。
そして、会場の装飾については、エントランスパビリオン、時計広場、坂道のプロムナード、センター広場、シャトー広場などを舞台とし、総数約10万球もの光でライトアップするほか、時計広場では高さ約10mのクリスマスツリーを展示するなど、恵比寿ガーデンプレイスならではのクリスマスムードを一層盛り上げる企画を実施します(諸事情により、内容は若干変更する場合がございます)。

恵比寿ガーデンプレイスは「恵比寿。あなたは、大人の街になれ。」のブランドメッセージのもと「感性や審美眼を磨き、自分の世界を広げたい」等と考える大人の女性を中心に、来街者にとって心地よい時間や空間を提供し、今後も更に当施設をご愛用いただくことを目指していきます。


[クリスマス・イルミネーション概要]                

■タイトル:『 Baccarat ETERNAL LIGHTS -歓びのかたち- 』
■主 催:恵比寿ガーデンプレイス、バカラ パシフィック株式会社 
■後援:在日フランス大使館
■特別協賛:SUS株式会社
■会期:2017年11月3日(金・祝)~ 2018年1月8日(月・祝)
<ライトアップ時間>
・バカラ シャンデリア 12:00~24:00
・イルミネーション  16:00~24:00
    ※11/3はどちらも点灯式終了の17:00頃より点灯します。
■会場:恵比寿ガーデンプレイス・センター広場 他
■点灯式:11月3日(金・祝)  詳細は別途ご案内いたします。
■備考:バカラ シャンデリアの組み立てスケジュール
・シャンデリアの組立  10月25日(水)~28日(土)
※シャンデリアの組み立てに関しては、天候等で変更する場合もあります。
■画像:※過去の250灯シャンデリア展示画像

<参考資料>
250灯シャンデリアについて
今回展示するシャンデリアは、フランス・バカラ社のもので、高さ約5m、幅約3m、クリスタルパーツ総数8,472ピース、ライト総数250灯の世界最大級を誇ります。
250灯シャンデリアは、1994年にバカラ創設230周年を記念して制作された230灯のシャンデリアをベースに20灯分の灯りを増やしたものです。
この250灯シャンデリアの制作には、計67名もの職人が携わり、約5,380時間もの時間を要します。
バカラの光とキラメキを象徴する傑作といえます。


Baccarat バカラ
その起源
バカラは、1764年、ルイ15世の認可を受け、フランス東部ロレーヌ地方にあるバカラ村に創設されました。以来、「最良の素材、最高の技術、そしてそれを継承すること」という初期に基礎を築いたピエール・A.・ゴダール・デマレの理念に基づき、バカラは3世紀にわたり、一貫して至上の美を求め続け、高級クリスタルの代名詞とまで言われるようになりました。人口約5000人のバカラ村では親子三代がバカラ社で働いているという例も珍しくなく、バカラのクリスタルは、今も変わらず、この小さな村の工場で作られ続けています。
最高の技術バカラの素材や技術の素晴らしさは、フランス大統領より与えられるフランス最優秀職人(M.O.F.)と呼ばれる栄誉ある称号を、これまで一企業としては比類ない50名以上もの職人が受章していることに顕れています。現在も、17名の現役受章者職人が技術の継承に多くの力を注いでいます。成形から検品まで卓越した職人たちの手を経てこそ、バカラクリスタルの特徴である美しく深い透明感を持つ素材、カットやグラヴュールによるダイナミックあるいは繊細な装飾、そして丁寧な仕上げによる滑らかな質感と輝きが生まれるのです。


“王者たちのクリスタル”
バカラの技術が飛躍的に進歩したのは、19世紀から20世紀にかけての数々の受賞と無縁ではありません(パリ万国博覧会では、1855年に金賞、1867年と1878年にはグランプリを獲得)。バカラの名前は世界中に広がり、フランスブルボン王朝をはじめ、ロシアのニコライ二世、インドのマハラジャなど、世界中の王侯貴族たちにも愛用され、“王者たちのクリスタル”と冠されるようになりました。パリ バカラ美術館では、それらの優れた作品や各国王や元首の紋章入りの特注グラスなどが年代ごとに展示され、バカラの歴史の深さをうかがい知ることができます。

シャンデリア
1824年にフランスで初めてクリスタルのシャンデリアを制作し始めたバカラは、1855年のパリ万国博覧会への出品以来、さまざまなデザイン、スケールの作品を制作し、世界で賞賛の的となりました。
各国の王侯貴族や実業家、そして建築家は、バカラのシャンデリアを成功の象徴として、また空間を華やかに演出する装飾品として飾りました。
バカラのきらめきが美しく空間を照らすシャンデリア、それはバカラクリスタルの比類ない透明度と高い芸術的完成度を表現した芸術作品として、また、バカラのアイデンティティである“光”と“キラメキ”を象徴する存在として、長い歴史を通して変わらず輝き続けています。


アルミ製ショーケース

1.特別協賛にあたり
“アルミを進化させるSUS”では、建築構造材としてのアルミの魅力をアピールする目的で、2006年よりアルミ製ショーケースを提供しています。

2.アルミ製展示ケースの構造
通常、“3.5階建て相当の吹き抜け”という大空間をアルミ素材で製作する場合、中間に水平の補強部材が介在しないことによる強度不足が懸念されます。SUSは、アルミ製ラチスパネル※を採用することで、ショーケースの強度や剛性を高めて耐荷重を上げており、重さ1.8tのシャンデリアを支える耐荷重性能を発揮しています。

ラチスパネルは、十字形の押出材をトラス構造に組み、それをパネル化したものです。パネルの厚さを変えることで用途に応じて強度の調整が可能で、壁面などに多く使われています。
ショーケースでは、厚いラチスパネルを柱のように利用することで、シャンデリアの鑑賞を邪魔することなく、吹き抜けの大空間を実現できました。

※ラチスパネルとは
1.2m×1.2mを基本モジュールとするパネルを、ブロックのように組み立てて建築の構造壁とする架構システム。日本古来の「襷掛け(たすきがけ)文様」あるいは「なまこ壁」で馴染みの深いX字型格子材の連続面をファサードのコンセプトとしています。構造材としては通常の壁部材、あるいはブレース部材並みの高剛性・高強度を持ち合わせています。

3.アルミ製展示ケースその他の特長
(1) 重量制限がある場所でも柔軟に対応できる軽量さ
恵比寿ガーデンプレイスの中庭は重量制限があり、どのような構築物を置いてもよいというわけではありません。
重量制限がある場所では、ラチスパネルのように強度を有した軽量のアルミ部材は有効な建材といえます。
(2) 組み立ての効率化
工場である程度組み立て、トラックで搬送できるので、現場での作業量を最小限にとどめられ、解体・再構築も容易です。
工場で作業することにより、精度の高い組み立てを実現します。


4.新デザインと塗装について
現在のショーケースはコーナー部を除いた部分の色が黒色で、アルミの持つ高級感を維持しつつも、シャンデリアの美しさをより引き立たせるデザインです。塗装には、粉体塗装という技術が用いられています。粉末状の塗料を被塗物に付着させ、高温の炉内にて焼き付けることにより完成する技法で、有機溶剤(アルコール・シンナー等)を使わない環境に優しい塗装方法です。

5.サイズとアルミの使用総重量
高さ約10m、幅約6m×6m、アルミ使用総重量約11t、パネル厚250mm

■SUS(エスユウエス)株式会社 概要
本社:静岡県静岡市駿河区南町14-25 エスパティオ6F
東京事業所:東京都中央区日本橋小伝馬町1-7 スクエア日本橋3F
設立:1992年6月19日
資本金:2億9,000万円
従業員数:733名 (2017年9月1日現在)
事業内容:FA向け機械装置及びユニット機器製品の設計開発・製造・販売。
アルミ製住宅及び建築用アルミ構造材の設計開発、製造販売。
アルミ製家具及びアルミ建材の製造販売。
「大地の芸術祭」の里 越後妻有2017秋
2017/10/29~2017/11/12

トップへ
五島美佐子個展
2017/10/21~2017/10/26
ニックネーム  
<コメント投稿に関する注意事項>
※投稿は、お客様の自己の責任において行うものとし、当社は、当該サービスを利用したことにより生じた損害に関する一切について何らの責任も負わないものとします。
※下記に該当・類似する投稿が発見された場合、予告無く、本サイト上から削除する場合があります。
 ・公序良俗に反するもの
 ・個人的な売買・譲渡を持ちかける内容、宣伝行為と判断したもの
 ・アートジェーンの管理運営を妨げる等、当社が不適切と判断したもの
Copyright 2017 Artefactory Inc. Allrights reserved.