トップ > 鉄道芸術祭vol.7 イベントプログラム「立花文穂、STATION TO STATIONを語る」
  

鉄道芸術祭vol.7 イベントプログラム「立花文穂、STATION TO STATIONを語る」

開催期間2017年11月10日(金)~2017年11月10日(金)
時間14:00ー16:00
会場アートエリアB1
ホームページhttp://artarea-b1.jp/archive/2017/11111188.php
住所大阪府大阪市北区中之島1-1-1京阪電車なにわ橋駅地下1階
お問い合わせ先E-mail mail@artarea-b1.jp  Tel. 06-6226-4006
鉄道芸術祭vol.7イベントプログラム
オープニングトーク+ライヴ
「立花文穂、STATION TO STATIONを語る」

開催日時 11月10日(土)14:00ー16:00
会場 アートエリアB1(京阪電車なにわ橋駅地下1階)
定員 50名程度(当日先着順・入退場無料・参加無料)

ゲスト
立花文穂(アーティスト、グラフィックデザイナー、鉄道芸術祭vol.7メインアーティスト)

聞き手
塚原悠也(コンタクトゴンゾ、アートエリアB1運営委員)

ライヴ
太陽バンド(www.taiyo-band.com)

鉄道芸術祭v o l. 7「STATION TO STATION 」では、メインアーティストの立花文穂と雑誌「球体」の参加メンバーが京都と大阪、ポルトガルのポルトとリスボンを鉄道で旅することから企画展が始まりました。オープニングでは、その発想の源となった天正遣欧少年使節やリサーチの旅、そして異なる都市、文化、国、時代を巡る「STATION TO STATION 」について本展運営委員で出品作家でもあるコンタクトゴンゾの塚原悠也を聞き手に語っていただきます。さらに、日々の風景を時に熱く、時に優しく歌う畑俊行によるソロユニット「太陽バンド」によるミニライヴを開催します。


■プロフィール■
立花文穂| アーティスト/グラフィックデザイナー
1968 年 広島県生まれ。 文字、紙、本を主な素材やテーマに作品を制作し、国内外で発表。東京TDC 賞やブルノ国際グラフィックデザインビエンナーレグランプリ(チェコ)を受賞するなど、グラフィックデザインの分野でも評価が高い。個展に「デザイン 立花文穂」展(ギンザ・グラフィック・ギャラリー、2011年)他。グループ展に MOTアニュアル2008「解きほぐすとき」展(東京都現代美術館、2008 年)、「風穴」展(国立国際美術館、2011年)などがある。2007年より自ら責任編集とデザインを手がける不定期刊行物『球体』を始め、現在6号まで刊行している。著書に『かたちのみかた』、『Leaves 立花文穂作品集』(誠文堂新光社刊)。女子美術大学教授。

コンタクトゴンゾ | パフォーマンス集団
2006 年大阪市にて結成し、国内外で活躍するパフォーマンス集団。肉体の衝突を起点とする独自の牧歌的崇高論を樅築し、 即興的なパフォーマンス作品や、 映像、 写真作品の制作、 マガジンの編集などを行う。2011年より公益財団法人セゾン文化財団助成対象アーティスト。

■鉄道芸術祭vol.7「STATION TO STATION」■
http://artarea-b1.jp/archive/2017/11101165.php

トップへ
ニックネーム  
<コメント投稿に関する注意事項>
※投稿は、お客様の自己の責任において行うものとし、当社は、当該サービスを利用したことにより生じた損害に関する一切について何らの責任も負わないものとします。
※下記に該当・類似する投稿が発見された場合、予告無く、本サイト上から削除する場合があります。
 ・公序良俗に反するもの
 ・個人的な売買・譲渡を持ちかける内容、宣伝行為と判断したもの
 ・アートジェーンの管理運営を妨げる等、当社が不適切と判断したもの
Copyright 2017 Artefactory Inc. Allrights reserved.