トップ > スクリーンに映画がかかるまで ~フィルム・アーカイブの仕事
  

スクリーンに映画がかかるまで ~フィルム・アーカイブの仕事

開催期間2017年11月26日(日)~2017年11月26日(日)
時間13:00-15:00(12:30開場)
会場スパイラルルーム(スパイラル9F)
ホームページhttp://www.spiral.co.jp/e_schedule/detail_2429.html
住所東京都港区南青山5-6-23
お問い合わせ先E-mail school@spiral.co.jp  Tel. 03-3498-1171
【フィルム・アーカイブの仕事 ~フィルム・アーキビスト的映画の向き合い方~】
映画が上映されるまでのプロセスに関わっているゲストの方々から、それぞれの仕事内容について語っていただく本講座。
第10回目は東京国立近代美術館フィルムセンター主幹のとちぎあきらさんをお迎えし、フィルム・アーカイブの仕事 ~フィルム・アーキビスト的映画の向き合い方~についてお話を伺います。

自分が生まれていない時代の文化や情景を古い映画で知り、時には共感することができる。これは、映画の持つ大きなの魅力の一つです。
一方でフィルムという有限的な物質に焼き付けられた作品を長く観つづけるためには、保存や復元が必須となります。
フィルム・アーカイブは作品の保存、復元だけでなく、それを広く公開していくこともミッションとしています。

とちぎさんには、専門的な知識と技術を持ったフィルム・アーキビストとして映画との向き合い方や、日本と海外での現状など、実際の映像も交えながら最前線の取組みについてお聞きします。

小津安二郎監督の戦前作品はその半分近く、溝口健二監督の作品は8割が失われているという統計があります。
どうにか戦火をくぐり抜け残った作品や海外へ散逸しているものを「途方に暮れつつ、集めつづける」仕事によって、日本映画が文化としてきちんと継承されていく。

まだまだ一般的に知られていないフィルム・アーカイブについて深く知る貴重な機会。是非ご参加ください。

■開催概要■
開講日:2017年11月26日(日) 13:00-15:00(12:30開場)
会場:スパイラルルーム(スパイラル9F)
受講料:3,000円(飲み物代込/税込)
定員:40名

■講座お申込み方法 <メール申込>
件名にご希望の講座名を明記の上、本文にご希望参加日、氏名、年齢、職業、連絡先を記したものを下記のアドレスまでお送りください。
school@spiral.co.jp
※追って、受付完了のメールをご返信させていただきます。
若手芸術家支援企画1floor2017「合目的的不毛論」
2017/11/18~2017/12/10

トップへ
村山美代子個展「ココヨリ」
2017/12/12~2017/12/24
ニックネーム  
<コメント投稿に関する注意事項>
※投稿は、お客様の自己の責任において行うものとし、当社は、当該サービスを利用したことにより生じた損害に関する一切について何らの責任も負わないものとします。
※下記に該当・類似する投稿が発見された場合、予告無く、本サイト上から削除する場合があります。
 ・公序良俗に反するもの
 ・個人的な売買・譲渡を持ちかける内容、宣伝行為と判断したもの
 ・アートジェーンの管理運営を妨げる等、当社が不適切と判断したもの
Copyright 2017 Artefactory Inc. Allrights reserved.