トップ > 開通55周年記念「芸術作品に見る首都高展」 Fine Art Collection of SHUTOKO Expressway
  

開通55周年記念「芸術作品に見る首都高展」 Fine Art Collection of SHUTOKO Expressway

開催期間2017年12月16日(土)~2017年12月20日(水)
休館会期中無休
時間10:00-18:30 ※入場は18:00まで
会場O美術館
ホームページhttp://www.shinagawa-culture.or.jp/hp/menu000000200/hpg000000189.htm
住所東京都東京都品川区大崎1-6-2 大崎ニューシティ・2号館 2F
お問い合わせ先E-mail oartmus@shinagawa-culture.or.jp  Tel. 03-3495-4040
Fine Art Collection of SHUTOKO Expressway
開通55周年記念「芸術作品に見る首都高展」
Fine Art Collection of SHUTOKO Expressway

12月20日の首都高速道路開通55周年を記念して、この都市にしかない「首都高」というアイコンを様々なアート表現により俯瞰する展示会を開催します。

■会期
2017/12/16(土)-12/20(水)
10:00-18:30 ※入場は18:00まで、会期中無休

■会場
O美術館
〒141-0032 東京都品川区大崎1-6-2 大崎ニューシティ・2号館 2F ※大崎駅から徒歩2分
Tel 03-3495-4040
E-mail oartmus@shinagawa-culture.or.jp
web http://www.shinagawa-culture.or.jp/hp/menu000000200/hpg000000187.htm

■入場料 無料

■webページ
http://www.shinagawa-culture.or.jp/hp/menu000000200/hpg000000189.htm


■出品作家 五十音順、敬称略
平面作品中心80点程度(写真、絵画、イラスト、版画、現代アートなど)

◎写真
北野 謙/立木義浩/中野正貴/中藤毅彦/西澤 丞/花代/広川泰士/百武てつ吾/本城直季/Michael Hitoshi/松岡幸宏/森山大道/やましたみか/山路雅央/山本高裕

◎絵画(絵具日本画、油絵、アクリル画など)
伊東春香/入江明日香/大岩オスカール/カイヒデユキ/加藤美紀/小林範之/小山久美子/坂本トクロウ/櫻井あすみ/島崎良平/朱門/菅雄嗣/高田理美/棚町宜弘/戸賀﨑珠穂/富田直樹/長澤耕平/パルコキノシタ/藤原泰佑/ふるかはひでたか/Brian Alfred/繭山桃子/三谷拓也/三好風太/むらいゆうこ/森 勉/山口英紀/耀樹孝鷺鶯

◎絵画(ペン画、イラストレーション・デジタルアートなど)
CANOO/齊藤見佳/篠田 聡/土田菜摘/永沢まこと/村上 隆/柳原良平

◎版画
相笠昌義/鹿嶋裕一/中村美穂/西村文子/野田哲也/Bernard Buffet/宮下登喜雄/棟方志功(複製)/元田久治/山口 晃

◎立体・造形・写真加工・映像・その他
AKI INOMATA/阿部マサヒロ/池田 衆/大村雪乃/久野彩子/西野壮平/藤元 明/町田美菜穂/安田佐智種

■主催 首都高アート展実行委員会 代表 佐々 真

***

首都高速道路は今年の12月20日で開通55周年を迎えます。
2020 年の東京オリンピック・パラリンピックへの関心が高まっていますが、首都高の初期の役割として、1964年の東京オリンピックで海外選手団を迎えるため、10月10日の開会式の直前、10月1日に羽田空港と代々木の選手村を直結する区間が全通しました。その後、各路線が順次開通し、現在では総延長が310kmを超え、一日100万台が利用する、まさに首都圏の大動脈となっています。
さて、首都高は、世界に類を見ないとても特殊な高速道路ではないでしょうか。超過密都市の制約された条件の中で、既存の街路、河川、港湾や江戸城のお堀など公共空間を最大限有効活用して建設され、その結果、アップダウンやカーブが多く、また複雑な線形の高架橋、JCT部やトンネルなど、あたかも生き物のような有機的な構造物となっています。特に、都心環状線をはじめ、箱崎、大黒等のJCT部やレインボーブリッジ、横浜ベイブリッジ等の長大橋では、首都高の構造物のダイナミックさを体感できると思います。
このような首都高独特の構造美、存在感に芸術家の方々が自然と引き寄せられ、絵画、写真、音楽、映画、文学など様々な作品に首都高が登場しています。5年前に東京タワーで開催された「開通50周年記念首都高展」でこれらの一部を紹介し、来場者から大変好評を頂いたことから、将来、鉄道会社のような常設の「首都高ミュージアム」が開設されることを夢見つつ、首都高を題材にした芸術作品を個人的に蒐集してまいりました。
今回、開通55周年を記念して、この都市にしかない「首都高」というアイコンを、様々なアート表現により俯瞰して頂く展示会を開催します。この展示をご覧頂き、歴史ある首都高を少しでも身近に感じて頂けたらありがたく存じます。2020年の東京オリンピック・パラリンピックの際も、首都高は大会運営を支える交通ネットワークとして機能します。世界中から注目される都市のインフラとして、これからも首都高を発信していけたらと考えています。

首都高アート展実行委員会 代表 佐々 真

sioux個展 DOCUMENT
2017/12/12~2017/12/24

トップへ
上野アーティストプロジェクト「現代の写実―映像を超えて」
2017/11/17~2018/1/6
ニックネーム  
<コメント投稿に関する注意事項>
※投稿は、お客様の自己の責任において行うものとし、当社は、当該サービスを利用したことにより生じた損害に関する一切について何らの責任も負わないものとします。
※下記に該当・類似する投稿が発見された場合、予告無く、本サイト上から削除する場合があります。
 ・公序良俗に反するもの
 ・個人的な売買・譲渡を持ちかける内容、宣伝行為と判断したもの
 ・アートジェーンの管理運営を妨げる等、当社が不適切と判断したもの
Copyright 2017 Artefactory Inc. Allrights reserved.