トップ > 宮西計三 恍惚の水彩画展『薔薇絵』
  

宮西計三 恍惚の水彩画展『薔薇絵』

開催期間2017年12月16日(土)~2017年12月28日(木)
休館月曜日
時間13:00-20:00
会場ギャラリー白線
ホームページhttp://hakusen.jp
住所東京都杉並区阿佐谷南1−36−14
お問い合わせ先info@hakusen.jp
展覧会DM
薔薇絵
ヴルーベリ「タマーラ」のように
天國の薔薇
精緻な描線と描き込み、点描による表現等、徹底的な絵へのこだわりが注目を集める漫画家 宮西計三。
ニューウェーブコミック誌にて一時代を築き、デビューから四十余年の作家活動を経てなお、独自のスタイルでの作品発表をし続ける伝説的作家自身が「最新にして最高傑作シリーズ」と語る、薔薇をテーマにした珠玉の描き下ろし水彩画30点による個展を開催します。

会期中12月23日(日)には、薔薇絵、ヒグチケイコによるパフォーマンスも開催されます。

【宮西計三 - 漫画家、イラストレーター、ミュージシャン】
1956年1月23日 大阪に生まれ、奈良県に育つ。
1971年15歳。義務教育終了。同年上京し真崎・守(マサキ・モリ)のアシスタントとなる。1973年17歳で徳間書店劇画大賞佳作第一席にてデビュー。
幻想絵画、エロティックアート、シンボリズム詩、文学を基本として、音楽的恍惚に辿り着く事。それはロックミュージックに限り無い近似性をもつ、見るロックである。 自身も音楽活動を活発に行っている。技術的には、紙と肉体の間に介在するのは絵筆だけを旨とし、それ以上の器具やテクノロジーは非としている。代表作には「ピッピュ」(ブロンズ社刊)、「エステル」「Maila」(供にペヨトル工房)「バルザムとエーテル」(河出書房新社)、ザ・スターリン「trash」ジャケットイラストなどがある。

・関連イベント
2017年12月16日(土)open18:00 -
オープニングレセプション

2017年12月23日(土)open18:30 start19:00
薔薇絵 ✕ ヒグチケイコ パフォーマンス
料金 1,500円
「アートプロジェクトの今を共有する(第3回)」12/22(金)開催!
2017/12/22~2017/12/22

トップへ
Hard liner
2017/12/14~2017/12/18
ニックネーム  
<コメント投稿に関する注意事項>
※投稿は、お客様の自己の責任において行うものとし、当社は、当該サービスを利用したことにより生じた損害に関する一切について何らの責任も負わないものとします。
※下記に該当・類似する投稿が発見された場合、予告無く、本サイト上から削除する場合があります。
 ・公序良俗に反するもの
 ・個人的な売買・譲渡を持ちかける内容、宣伝行為と判断したもの
 ・アートジェーンの管理運営を妨げる等、当社が不適切と判断したもの
Copyright 2017 Artefactory Inc. Allrights reserved.