トップ > 前田ユキ個展「ハブセンター」
  

前田ユキ個展「ハブセンター」

開催期間2017年12月12日(火)~2018年1月8日(月)
休館※開場時間、入場料はSolfaウェブサイトよりご確認ください(http://www.nakameguro-solfa.com/)
時間Solfa営業時のみ
会場中目黒Solfa「ナオナカムラ」
ホームページhttps://naonakamura.blogspot.jp/
住所東京都目黒区青葉台 1-20-5 oak build.B1F
お問い合わせ先nkamuranao19900715@gmail.com
この度、中目黒にありますSolfa「ナオナカムラ」では、前田ユキ個展「ハブセンター」を開催いたします。

前田ユキは、1992年福岡県生まれ。2016年、武蔵野美術大学映像学科写真専攻を卒業しました。
2015年には「第21回学生CGコンテスト」へノミネートされ、現在はアーティスト集団「Chim↑Pom」のアシスタントを務める傍ら、写真作品や映像作品をメインに発表しています。
今展は彼女にとってグループ展「反逆する風景」(2016/ナオナカムラ)以来の発表であり、ナオナカムラでは初めての個展になります。

2016年の夏、前田は約10年ぶりに母の実家がある鹿児島県の奄美大島を訪れました。
かつて、約8年もの間アメリカの統治下に置かれていた複雑な歴史や、昔から変わらない山と海の広がる亜熱帯の豊かな自然、島唄や大島紬など独自の文化からなる奄美大島で、ノスタルジーに浸る間もなく、10年前とは変わってしまった自分への冷たい眼差しに気づかされます。

「日々酒を呑んではクラブで踊り明かすような典型的な『島の女』である私が、約10年ぶりに島に行った。(中略)観光と里帰りという両極端の立場を持って訪れたら、あるはずも無い居場所のなさに気づいた。」(作家ステートメントより抜粋)

本展覧会では、前田が日常的に足を運ぶクラブを会場にして2016年から2017年に奄美大島で撮影した写真作品で構成し、作品からはどこか他人事のような寂しさと、それを見つめる冷たい眼差しを感じます。
展覧会タイトル「ハブセンター」は、奄美大島に生息する猛毒をもつ“ハブ”と、仲間はずれを意味する若者言葉“ハブ(る)”に由来します。

アメリカの統治下にあり日本本土から切り離されハブられてきた負の歴史をもつ奄美大島を舞台に、前田自身がそんな故郷から持ち帰ってきた居場所の無さを彼女の居場所の一つでもあるクラブカルチャーにのせます。音楽と酒が飛び交う会場で、本来あるはずの無い自然の風景が共存する不自然さは、作品自身(=作家自身)の居場所の無さを際立たせ露呈します。

故郷を舞台にしたプロローグとなる前田ユキ個展「ハブセンター」をこの機会にどうぞご覧ください。
また、展覧会初日である12日(火)19:00より前田と親交の深いゲストを迎え、オープニングレセプションを開催いたします。
森村智子個展
2017/12/12~2017/12/24

トップへ
オチマリエ“よどみに咲く花”
2017/12/1~2017/12/27
ニックネーム  
<コメント投稿に関する注意事項>
※投稿は、お客様の自己の責任において行うものとし、当社は、当該サービスを利用したことにより生じた損害に関する一切について何らの責任も負わないものとします。
※下記に該当・類似する投稿が発見された場合、予告無く、本サイト上から削除する場合があります。
 ・公序良俗に反するもの
 ・個人的な売買・譲渡を持ちかける内容、宣伝行為と判断したもの
 ・アートジェーンの管理運営を妨げる等、当社が不適切と判断したもの
Copyright 2017 Artefactory Inc. Allrights reserved.