トップ > 茶懐石のうつわ 併設 季節の書画
  

茶懐石のうつわ 併設 季節の書画

開催期間2018年1月20日(土)~2018年3月18日(日)
休館毎週月曜日、[ただし2月12日(月・振休)は開館し、2月13日(火)は休館]、2月16日(金)
時間午前10時~午後4時半(入館は午後4時まで)
会場畠山記念館
ホームページhttp://www.ebara.co.jp/csr/hatakeyama/
住所東京都港区白金台2-20-12
お問い合わせ先03-3447-5787
明月形懐石皆具 渡辺喜三郎作 大正~昭和時代
茶懐石は正式なお茶のもてなし(茶事)で出される食事のこと。そのうつわは懐石道具と称され、食器を置く膳や盆、食べ物を盛る椀・向付や酒器などがあります。古くは漆器が中心でしたが、江戸時代以降、陶磁器も用いられるようになり、料理を引き立てる役目を担うとともに、うつわそのものも賞玩の対象となってゆきました。個々の美しさもさることながら、取り合わせることで、場をいっそう華やかにする「もてなしのうつわ」の魅力をお楽しみください。

トップへ
ニックネーム  
<コメント投稿に関する注意事項>
※投稿は、お客様の自己の責任において行うものとし、当社は、当該サービスを利用したことにより生じた損害に関する一切について何らの責任も負わないものとします。
※下記に該当・類似する投稿が発見された場合、予告無く、本サイト上から削除する場合があります。
 ・公序良俗に反するもの
 ・個人的な売買・譲渡を持ちかける内容、宣伝行為と判断したもの
 ・アートジェーンの管理運営を妨げる等、当社が不適切と判断したもの
Copyright 2018 Artefactory Inc. Allrights reserved.