トップ > 興梠優護「Under the Skin」
  

興梠優護「Under the Skin」

開催期間2018年1月27日(土)~2018年2月18日(日)
休館火・水
時間11:00-19:00
会場Yoshimi Arts
ホームページhttp://www.yoshimiarts.com/exhibition/20180127_Yugo_Kohrogi-Under_the_Skin.html
住所大阪府大阪市西区江戸堀1-8-24 若狭ビル3F
お問い合わせ先E-mail info@yoshimiarts.com  Tel. 06-6443-0080
展覧会イメージ
"/ XXX " 2018 oil on canvas 1940×1303mm(F120)
この度、Yoshimi Artsは、興梠優護の個展「Under the Skin」を開催致します。

興梠は、制作過程において、どう描くかを迷うことや悩んだりする事が殆どない。予め綿密なイメージがあり、頭の中で描く手順や幾層もの段階を事前に認識した上で制作を進め、実際にイメージ通りの絵になるという。それは、興梠が学部は油画だが、大学院で版画を学んだことに由来するのかもしれない。
また、興梠は、普段の生活において、私達が見落としがちな風景やモノや現象を常に捉えている。それらの一つ一つが彼の絵画に影響を与え、また反映されている。興梠の絵画は論理的に構築されているが、絵画が故に彼の言葉にならない感性によって成立していると言えよう。
本展は、興梠のイメージを生み出す素子とも言える、水彩、版画、ドローイング、点描、鉛筆画、写真と、その層の重なりとなる油彩画を用いて、ギャラリーの空間で絵画の構造を詳らかにしようという展覧会である。2017年の成山画廊での個展「HIVE」の作品と新作で構成し、更なる進化を試みる。肌の下と直訳もできるタイトルは、成句で「本心」「内実」といった意味合いである。解体され、構造が露わになり、空間で再構築された「絵画」から、我々は興梠の絵画制作そのものを追体験できるだろう。
Yoshimi Arts


大抵の場合、内実を覗き見る行為にはある種の高揚感と、少しの後ろめたさが含まれます。
その気後れや戸惑いの正体に接近したくて、人は絵というものを描いてきたのかもしれません。
今回の展示では、絵画性の内実を「重層性」というきっかけの中に広げてみました。
平面という言葉とは裏腹な、その層の重なりが、あなたの世界の奥行きと結びつきますように。
興梠 優護


■ギャラリートーク
芦田彩葵(熊本市現代美術館 学芸員)×興梠優護
1月27日(土) 15:45-17:00
Yoshimi Arts
無料、予約不要

■January Party
1月27日(土) 17:00-19:00
若狭ビルと山登寿ビルの5ギャラリーにて合同パーティーを開催
(参加ギャラリー:Calo Bookshop & Cafe, SAI GALLERY, Yoshimi Arts, The Third Gallery Aya, KOUICHI FINE ARTS)
「沙々禮石」佐々木誠展
2018/1/15~2018/1/27

トップへ
アトリエのときへ 10の小宇宙展
2018/2/6~2018/3/25
ニックネーム  
<コメント投稿に関する注意事項>
※投稿は、お客様の自己の責任において行うものとし、当社は、当該サービスを利用したことにより生じた損害に関する一切について何らの責任も負わないものとします。
※下記に該当・類似する投稿が発見された場合、予告無く、本サイト上から削除する場合があります。
 ・公序良俗に反するもの
 ・個人的な売買・譲渡を持ちかける内容、宣伝行為と判断したもの
 ・アートジェーンの管理運営を妨げる等、当社が不適切と判断したもの
Copyright 2018 Artefactory Inc. Allrights reserved.