トップ > 木村朗子と山本昌男の写真展「うちなる光 ‒stillness‒」
  

木村朗子と山本昌男の写真展「うちなる光 ‒stillness‒」

開催期間2018年1月26日(金)~2018年3月5日(月)
休館毎週水曜日
時間11:00~19:00
会場evam eva yamanashi「形」
ホームページhttp://evameva-yamanashi.com/gallery/%e5%86%99%e7%9c%9f%e5%b1%95
住所山梨県中央市関原885
お問い合わせ先055-267-8341
左:Yamamoto Masao #1628_2015 右:Kimura Akiko Rebun_2007
evam eva yamanashi「形」
evam eva yamanashi「形」
見て心地良く、触れて気持ち良い、そんな普段着のニットを展開するブランド「evam eva」(運営:近藤ニット株式会 社 本社:山梨県西八代郡)。旗艦店「evam eva yamanashi」内のギャラリースペース「形」にて、木村朗子と山本昌男、二人の写真家による写真展を2018年1月26日から3月5日まで開催致します。

写真家・木村朗子は1971年、茨城県生まれ。小学生の頃より父親のカメラで撮影を始め、会社員の傍ら写真製作を続け、2015年に写真家として独立しました。人間の手が及ばない自然の圧倒的な美しさを捉えた彼女の写真は、見る者に自然と一体感を味わうような感覚を呼び起こします。

一方、写真家・山本昌男は1957年、愛知県生まれ。16歳より写真を撮り始め、主にゼラチンシルバープリントによる作品を発表し、日本人ならではの感性と美意識で国内外から高い評価を得ています。現在は山梨県の八ヶ岳南麓にアトリエを構え、自然や人間をモチーフに制作活動を続けています。

厳しい自然と真摯に向きあう二人の写真家の出会いは、2000年、青山のスパイラルギャラリーで開催された山本昌男展にまで遡ります。哲学的とも言える山本の世界観に魅了された木村は、一通の手紙にその思いを託します。それから17年、互いの感性に共鳴し、影響しあって来た二人の写真展がついに実現する運びとなりました。

「evam eva yamanashi」は、近藤ニット株式会社の本社にほど近い、山梨県中央市に2017年3月にオープンした、衣・ 食・住をコンセプトに静かで美しい世界観を提案する旗艦店です。

訪れる人を魅了する3棟の空間のひとつ、ギャラリースペース「形」が本展会場となります。また会期を前期と後期に分け、展示内容も変える予定です。同じ写真という技 術でもまったく異なる表現方法で制作される二人の作品が放つ光をご堪能ください。

また、会期中には関連イベントとして、詩人・白井明大のお話会や、音楽家・Takuji(青柳拓次)のライブも企画しています。

木村朗子
1971年 茨城県日立市生まれ。小学生の時に父のカメラを使い撮影を始める。立教大学社会学部を卒業後、会社勤務の傍 ら写真制作を開始。横浜市在住。http://roof-8.com

2016年「 i -clouds reaching the heavens- 」Gallery Speak For(東京)
2014年「 i -croatian blue- 」Gallery Speak For(東京)
2011年「 i 」das foto(ベルリン)
2008年「Link」山田朗子、PRINZ(京都)
2007年「Link」山田朗子、KODAK photo salon(東京)
2005年「閑」山田朗子、Go Slow ゆっくりとカフェ/世田谷ものづくり学校(東京)

山本昌男
1957年 愛知県生まれ。16歳より写真を撮り始め、絵画の勉強を経たのち、写真技法(主にゼラチンシルバープリント)による作品発表にいたる。94年からアメリカ市場での発表が続き、96年Yancey Richardson Gallery, ニューヨークでの個展開催。06年よりヨーロッパに於いても活発な展示活動を開始。欧米日本のみならず、モスクワ、サンパウロでも展示開催。NYタイムス他アート雑誌などのメディアにも多数掲載。2017年のParis Photo(写真見本市)では、KARL LAGERFELDチョイスやJ.P. MORGENカタログに採用されるなど、その注目度は高まっている。山梨県の八ヶ岳南麓に在住し、自然に囲まれた環境にて制作活動を続けている。http://www.yamamotomasao.jp/

2017年「鳥」ギャラリー・カメラオブスクラ、パリ
   「鳥」ギャラリー・モダン、ミュンヘン
2016年「鳥」ヤンシー・リチャードソン・ギャラリー、ニューヨーク
  「小さきもの、沈黙の中で」チェントロ・ニメイヤー美術館、スペイン
  「小さきもの、沈黙の中で」トニー・カタニー・ファウンデーション、マヨルカ島

2015年「小さきもの、沈黙の中で」ギャラリー・フィフティワン、アントワープ
  「川」ジャクソン・ファイン・アート、アトランタ
  「小さきもの、沈黙の中で」ミヅマ・アート・ギャラリー、東京

【展示概要】
展覧会名|木村朗子と山本昌男の写真展「うちなる光 ‒stillness‒」
会期|2018年1月26日(金)~3月5日(月)
   前期_1月26日(金)~2月13日(火)、後期_2月15日(木)~3月5日(月)
会場|evam eva yamanashi「形」
営業時間|11:00~19:00
定休日|毎週水曜日
住所|〒400-1512 山梨県中央市関原885
電話|055-267-8341
入場料|無料
会場URL|http://evameva-yamanashi.com/

【展示期間中関連イベント】※詳細は追ってHPにてアナウンスいたします
2月3日(土)14:00~ 詩人・白井明大によるお話会
3月4日(日)14:00~ Takuji ライブ
由「生まれかわりの森」 YUU solo exhibition “The Magical Forest -Reborn-“
2018/1/19~2018/2/14

トップへ
架菜梨案 Kanaria“動物たちが話をしていたころ”
2018/1/12~2018/1/27
ニックネーム  
<コメント投稿に関する注意事項>
※投稿は、お客様の自己の責任において行うものとし、当社は、当該サービスを利用したことにより生じた損害に関する一切について何らの責任も負わないものとします。
※下記に該当・類似する投稿が発見された場合、予告無く、本サイト上から削除する場合があります。
 ・公序良俗に反するもの
 ・個人的な売買・譲渡を持ちかける内容、宣伝行為と判断したもの
 ・アートジェーンの管理運営を妨げる等、当社が不適切と判断したもの
Copyright 2018 Artefactory Inc. Allrights reserved.