トップ > キュレーター公募企画展「アール・ブリュット 動く壁画」
  

キュレーター公募企画展「アール・ブリュット 動く壁画」

開催期間2018年2月3日(土)~2018年3月18日(日)
休館月曜休館(祝祭日の場合は翌日休館)
時間11:00~17:00
会場ボーダレス・アートミュージアムNO-MA
ホームページhttp://www.no-ma.jp/?p=15940
住所滋賀県近江八幡市永原町上16
お問い合わせ先0748-36-5018
チラシ表
チラシ裏
2万年前。旧石器時代の人々が描いた洞窟壁画は動いていました。真っ暗な洞窟の中、描かれた動物たちの絵は、獣脂の炎(描かれた動物たちを屠って得た炎=動物たちの魂)のゆらめきを得て、蘇り、再び生き生きと動き出したにちがいありません。少なくとも洞窟の壁を見上げる人々は、そこにもう一つの現実=動く画を幻視したことでしょう。そう、人類が最初に生み出した芸術とは、絵ではなく「映画」だったのです。
時代が変わって19世紀末、映像撮影技術が登場しました。この最新技術は、ただリアルに絵が動き出す驚きをもたらしただけでなく、肉眼では捉えられない世界の様相を可視化することに成功し、人間の目を超えて、正確無比に記録し、自由自在に空間と時間を摑まえるキャメラの目の存在を知らしめました。そしてキャメラは、人類が長い間忘れていた最も始源の芸術「映画」への懐かしい回帰をついに可能にしたのです。このように、動く画は原始的な人類の想像力の中心に存在しつつ、さらに人智を超える力としても存在してきました。
本展は「動く壁画」というテーマから、アール・ブリュットを捉えなおす試みです。4Kキャメラで超高精細に撮影された作品の映像により、新たなアール・ブリュットの作品を巡る視覚体験を生み出すとともに、作品そのものに内在する「動き」を発見することが本展の趣旨です。驚きの「動く壁画」、体感してください!
キュレーター公募企画展「共融地点 ‐日本と中国のアール・ブリュット‐」
2018/2/9~2018/2/11

トップへ
バーンロムサイの絵本「ホシハナ文庫」創刊記念イベント
2018/2/3~2018/2/12
ニックネーム  
<コメント投稿に関する注意事項>
※投稿は、お客様の自己の責任において行うものとし、当社は、当該サービスを利用したことにより生じた損害に関する一切について何らの責任も負わないものとします。
※下記に該当・類似する投稿が発見された場合、予告無く、本サイト上から削除する場合があります。
 ・公序良俗に反するもの
 ・個人的な売買・譲渡を持ちかける内容、宣伝行為と判断したもの
 ・アートジェーンの管理運営を妨げる等、当社が不適切と判断したもの
Copyright 2018 Artefactory Inc. Allrights reserved.