トップ > 春季特別展「猿楽と面 ―大和・近江 および 白山の周辺から―」
  

春季特別展「猿楽と面 ―大和・近江 および 白山の周辺から―」

開催期間2018年3月10日(土)~2018年6月3日(日)
休館月曜日 ※4/30は開館、5/1は休館
時間午前10時~午後5時 ※入館は午後4時まで
会場MIHO MUSEUM
ホームページhttp://miho.jp
住所滋賀県甲賀市信楽町田代桃谷300
お問い合わせ先0748-82-3411
旧金剛宗家伝来 翁(白式尉)〔重要文化財〕 室町時代 三井記念美術館蔵 展示:4/10~5/6
追儺 桃山時代 1581年(天正9) 滋賀県・石山寺蔵 展示:5/8~6/3
若女 〔重要文化財〕 鎌倉時代 1291年(正応4)岩手県・中尊寺蔵 展示:4/10~5/6
「猿楽(さるがく)」とは、能と狂言で構成される現在の能楽の古称です。その起源は、大陸から伝来した「散楽(さんがく)」に由来し、日本古来の芸能と融合しながら完成度の高い歌舞劇へと進化したとされています。田楽(でんがく)や猿楽など多くの座が競い合い、また影響しあう中で、室町時代初期に観阿弥、世阿弥によって大成された「能」「狂言」の様式は、日本を代表する芸能のひとつである「能楽」として、現在に受け継がれています。本展覧会は、平安時代後期、鎌倉時代の古面に始まり、南北朝から室町、安土桃山時代の大成期にわたる350点(うち重要文化財80点)の「面(おもて)」を通して、中世の人々が熱狂した「猿楽」の世界を、主に彫刻史の観点から、文化芸能史、文学史の側面も絡めながら、紐解いていきます。 ※会期中展示替えあり
コレクションによる小企画 マルク・シャガール版画展「幻想のサーカス」
2017/12/9~2018/3/5

トップへ
ワンダーシード 2018
2018/2/24~2018/3/25
ニックネーム  
<コメント投稿に関する注意事項>
※投稿は、お客様の自己の責任において行うものとし、当社は、当該サービスを利用したことにより生じた損害に関する一切について何らの責任も負わないものとします。
※下記に該当・類似する投稿が発見された場合、予告無く、本サイト上から削除する場合があります。
 ・公序良俗に反するもの
 ・個人的な売買・譲渡を持ちかける内容、宣伝行為と判断したもの
 ・アートジェーンの管理運営を妨げる等、当社が不適切と判断したもの
Copyright 2018 Artefactory Inc. Allrights reserved.