トップ > ストップモーションアニミズム(STOP MOTION ANIMISM)展
  

ストップモーションアニミズム(STOP MOTION ANIMISM)展

開催期間2018年3月4日(日)~2018年3月18日(日)
休館月曜休廊
時間10:00〜19:00(最終日17:00迄)
会場FEI ART MUSEUM YOKOHAMA
ホームページhttp://www.f-e-i.jp/exhibition/4201/
住所神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町3-33-2 横浜鶴屋町ビル1F
お問い合わせ先E-mail artmuseum@fukasaku.jp  Tel. 045-411-5031
ストップモーションアニメーション(Stop Motion Animation)は、対象物に変化を与え1フレームずつ撮影した画像の連続再生によって「動き」を創造するアニメーション表現の一種です。日本では「駒取り(こまどり)」の通称で知られますが、世界でスタンダードとされる「Stop Motion Animation」という視点からこの表現を捉え直し、「生命を吹き込む」と言われる背景に、映画誕生以前から人類が感じてきた「アニミズム(Animism)ー汎霊説ー」への憧憬に迫るアクションとして、「STOP MOTION ANIMISM ストップモーション アニミズム」を宣言します。

その第一歩として、2008年スタートした国立教育機関、東京芸術大学大学院映像研究科アニメーション専攻の「立体領域」が輩出した修了生の学生時代の作品と、その現在の才能にスポットを当てます。

制作環境やアナログ技術の特殊性から、希少性ばかりに目が向けられた時代から、誰でも創ることが可能な表現へと変貌を遂げた「ストップモーションアニメーション」の現在と、その未来を感じ取っていただければ幸いです。

参加作家によるトークショー(各回1時間程度を予定しています)
3月9日(金)18:00~
3月10日(土)13:00~
3月17日(土)13:00~

参加作家:伊藤有壱、石井寿和、小川育、河野宏樹、河野亜季、栗原萌、坂上直、
     白石慶子、武田浩平、当真一茂、秦俊子、廣安正敬、宮﨑しずか、林文薏、
     宮澤真理、餅山田モチ世、若井麻奈美

入場無料

トップへ
ニックネーム  
<コメント投稿に関する注意事項>
※投稿は、お客様の自己の責任において行うものとし、当社は、当該サービスを利用したことにより生じた損害に関する一切について何らの責任も負わないものとします。
※下記に該当・類似する投稿が発見された場合、予告無く、本サイト上から削除する場合があります。
 ・公序良俗に反するもの
 ・個人的な売買・譲渡を持ちかける内容、宣伝行為と判断したもの
 ・アートジェーンの管理運営を妨げる等、当社が不適切と判断したもの
Copyright 2018 Artefactory Inc. Allrights reserved.