トップ > 伊藤家の菩提寺宝蔵寺で若冲に浸る
  

伊藤家の菩提寺宝蔵寺で若冲に浸る

開催期間2018年3月3日(土)~2018年3月4日(日)
時間<午前>10:00-13:00  <午後>14:30-17:30
会場無量山 如輪院 宝蔵寺
ホームページhttps://kyo-asobi.kyoto/program/prg000004.html
住所京都府京都市中京区裏寺町通蛸薬師上ル裏寺町587番地
お問い合わせ先E-mail bunkataiken@kyo-asobi.kyoto  Tel. 075-223-0155
若冲らの作品
お申込み方法:イープラス・じゃらんにてチケットを販売しております。
<イープラス>
http://eplus.jp/sys/T1U14P0010843P006001P002250630P0030001
http://eplus.jp/sys/T1U14P0010843P006001P002250629P0030001
<じゃらん>
https://www.jalan.net/kankou/spt_guide000000190121/activity/l0000169FA/?plandate=&screenId=OUW2210&dateUndecided=1

●アピールポイント
【1】通常非公開の若冲らの作品6点を宝蔵寺 小島ご住職の特別解説付きで鑑賞!
若冲傑作「竹に雄鶏図」・「髑髏(どくろ)図」や、野菜をモチーフにした「果蔬涅槃図」、この度新たに発見された、弟子・白歳作の「南瓜雄鶏図」他、ここでしか見られない貴重な作品を間近でご覧いただけます!
【2】上方落語家 桂よね吉氏による落語「ふぐ鍋」
 若冲の戒名「米斗庵若冲居士」より「米」にちなんで「日本酒」キーワードに。酒を酌み交わしつつふぐ鍋を前に繰り広げられる心理戦を描いた「ふぐ鍋」をお楽しみいただきます。ご住職と親交の深い桂よね吉氏ならではのマクラもお楽しみに!
【3】「髑髏図」がボトルにあしらわれた日本酒「枡源」のお土産付き!
 通常錦市場でしか買うことができない、若冲の生家 青物問屋の屋号にちなんだ貴重な日本酒「枡源」をお土産としてお持ち帰りいただきます。


トップへ
ニックネーム  
<コメント投稿に関する注意事項>
※投稿は、お客様の自己の責任において行うものとし、当社は、当該サービスを利用したことにより生じた損害に関する一切について何らの責任も負わないものとします。
※下記に該当・類似する投稿が発見された場合、予告無く、本サイト上から削除する場合があります。
 ・公序良俗に反するもの
 ・個人的な売買・譲渡を持ちかける内容、宣伝行為と判断したもの
 ・アートジェーンの管理運営を妨げる等、当社が不適切と判断したもの
Copyright 2018 Artefactory Inc. Allrights reserved.