トップ > コレクション×キュレーター
  

コレクション×キュレーター

開催期間2018年2月10日(土)~2018年4月8日(日)
休館月曜日(月曜が祝日の場合は翌平日)
時間午前10時~午後6時(入場は午後5時30分まで)
会場岐阜県現代陶芸美術館 ギャラリーⅠ
ホームページhttp://www.cpm-gifu.jp/museum/02.exhibition/02_1.exhibition.html
住所岐阜県多治見市東町4-2-5(セラミックパークMINO内)
お問い合わせ先museum.1@cpm-gifu.jp
「美術館」と聞いて、皆さんは何を思い浮かべるでしょうか。
さしあたっては、絵や彫刻が並んでいる所、陶芸美術館であれば、やきものが並んでいる所、といったイメージでしょうか。
「美術館の活動」となると、一般の人々にとって認知されているのは、企画展と言われる展覧会だと思われます。それは、あるテーマに沿って、いろいろな所から作品を借りてきて見せる展示活動です。しかしその一方で、美術館活動の根底にあり、美術館の特性を表すのは、所蔵作品であるとも言えます。
 当館には、館長を含め、学芸員として仕事をしている職員が7人います。それぞれ専門としてきた分野も異なり、興味や研究の対象も少しずつ異なっています。こうした学芸員たちがチームとして力を発揮して、美術館活動を陰で支えているのです。
今回の展覧会は、美術館の土台としての収集、保存、公開等の活動を見直し、その活動を担う学芸員の姿を反映させようとするものです。ある収集方針に基づいて当館の所蔵となった作品群(コレクション)の中から、それぞれの学芸員(キュレーター)が主に扱っている分野や、興味関心の強い分野を中心に、コレクションの魅力や成り立ちを紹介するものです。
それぞれの学芸員がどんな作品を選び、どういうコンセプトで提示するのかも見所のひとつです。そしてまた、展示の総体として岐阜県現代陶芸美術館のコレクションの特徴と魅力が、ご来館の皆さんに伝わることを願っています。

トップへ
ニックネーム  
<コメント投稿に関する注意事項>
※投稿は、お客様の自己の責任において行うものとし、当社は、当該サービスを利用したことにより生じた損害に関する一切について何らの責任も負わないものとします。
※下記に該当・類似する投稿が発見された場合、予告無く、本サイト上から削除する場合があります。
 ・公序良俗に反するもの
 ・個人的な売買・譲渡を持ちかける内容、宣伝行為と判断したもの
 ・アートジェーンの管理運営を妨げる等、当社が不適切と判断したもの
Copyright 2018 Artefactory Inc. Allrights reserved.