トップ > 小林あずさ 個展「燃素」
  

小林あずさ 個展「燃素」

開催期間2018年3月9日(金)~2018年4月8日(日)
休館月〜木, 3/17(土)
時間12:00 - 19:00
会場awai art center
ホームページhttps://awaiartcenter.tumblr.com/
住所長野県松本市深志3-2-1
お問い合わせ先awaiartcenter@gmail.com
3月9日より、小林あずさ個展「燃素」を開催いたします。
ひとつひとつ独立するモチーフを断片的につないだ図像が印象的な小林の絵画。不確実に揺らぐ言葉の意味を連鎖していく作家は、その仕事を言語の代替とした「詠む絵」だといいます。本展では、ひとつの迷信とされる「燃素」の在り方に自身の制作行為をなぞらえた新作、および旧作を発表します。ぜひご高覧ください。

なお、3/10(土)にはオープニングレセプション、4/7(土)にはアーティストトークを行います。あわせてご参加ください。

☞ 作家HP|http://kobayashi-azusa.jp/

-
[開催概要]

会 期|2018年3月9日(金)〜4月8日(日)
    12:00-19:00
    ※最終日は17時まで
休 廊|月-木, 3/17(土)
入場料|400円(awaiで使えるチケット付, 後日再入場可)

-
[関連イベント]

◉ オープニングレセプション
日 時|3月10日(土)17時-
※どなたでもお気軽にご参加ください。

◉ トークセッション
日時|4月7日(土)17時-
料金|500円(別途1 ドリンクオーダー)
※ 要予約 awaiartcenter@gmail.com まで
※ 展示を未見の方は入場料もただきます
※ 終了後クロージングパーティを行います

-

[アーティストステートメント]

私は物がもついわれや器物の表象を収集し、世界を構成する断片の意味を拾い上げている。言葉とイメージの相関関係を基本に、言葉が持つ不確実性を利用しながら、それらを画面の中で繋ぎあわせ、連想ゲームや言葉遊びのような遊戯性を持たせながら、意味を拡張し、時に歪曲をしながら、言葉が持つ意味のゆらぎを強めてゆく。

燃素とは、燃焼を説明するために仮定された元素フロギストンの訳語である。phlogistonとは、ギリシャ語で炎を指す。18世紀、物が燃えるのは物体の中に含まれるフロギストンが放出されることによって起きると考えられており、フロギストンが逃げ切ったあとの物質は灰になると、誤った燃焼理論が信じられていた。

現在では迷信や妄想という言葉で片付けられてしまうこのような言説も、不確実な現実に対応する理解や意味づけを行う要望に応える行為であり、それは切実な希求であると私は考えている。

言葉の持つ不確実な意味の揺らぎをさらに促進し、言葉から連想したイメージをさらに関連するものと繋ぎあわせ、新たなイメージを焚きつける制作行為の発火現象を表して、本個展のタイトルを燃素と名付けた。

(小林あずさ)

トップへ
ニックネーム  
<コメント投稿に関する注意事項>
※投稿は、お客様の自己の責任において行うものとし、当社は、当該サービスを利用したことにより生じた損害に関する一切について何らの責任も負わないものとします。
※下記に該当・類似する投稿が発見された場合、予告無く、本サイト上から削除する場合があります。
 ・公序良俗に反するもの
 ・個人的な売買・譲渡を持ちかける内容、宣伝行為と判断したもの
 ・アートジェーンの管理運営を妨げる等、当社が不適切と判断したもの
Copyright 2018 Artefactory Inc. Allrights reserved.