トップ > 中川正子 個展「ダレオド」
  

中川正子 個展「ダレオド」

開催期間2018年3月2日(金)~2018年3月31日(土)
休館日曜・月曜・祝日
時間火曜~金曜 10:00-20:00/土曜 10:00-17:30
会場ワコールスタディホール京都 ギャラリー
ホームページhttp://www.wacoal.jp/studyhall/gallery/event/article79500
住所京都府京都市南区西九条北ノ内町6ワコール新京都ビル1、2階
お問い合わせ先075-556-0236
Photo:中川正子
ワコールスタディホール京都は、一貫して混沌とした世界の中から
ひとつずつ光を選びとることをテーマに活動する
写真家・中川正子の個展「ダレオド」を開催致します。

「誰も見ていないみたいに、踊って」
あるとき見つけたこの言葉から、中川はひとつのイメージを育ててきました。
それは、のびやかに生き生きと踊り、歌い、愛し、生きる人の姿。
中川にとって、いつしかこの無心に「踊る」姿は、
あることの象徴として存在するようになりました。
世界で何が起ころうとも、大きな力が押し寄せようとも、
それらがつけ入る隙もないほどに、目の前にある確かな光に意識を集め
それを手放さない。そんな生き方の、象徴として。
写真には、日々にこぼれる光とともに、踊る人の姿が写し出されています。

写真家の中川が踊るように生きるために選んだ手段は、シャッターを切ることでした。
そうして集めた光のひとつひとつは、はかなく微弱かもしれません。
しかしそれぞれが集めた光の束はいつか世界を明るく照らして行く、
という強い祈りにも似た願い、そして誓いが
「ダレオド」という4 文字の言葉に集約されています。
是非この機会にご覧ください。

会期:2018年3月2日(金)-31日(土)
火曜~金曜 10:00-20:00/土曜 10:00-17:30
日曜・月曜・祝日 休み
会場:ワコールスタディホール京都 ギャラリー
入場料:無料
主催:ワコールスタディホール京都
企画制作:スパイラル/株式会社ワコールアートセンター

中川正子 (なかがわ・まさこ)
1973年横浜生まれ。津田塾大学在学中、カリフォルニアに留学。写真と出合う。
自然な表情をとらえたポートレート、光る日々のスライス、美しいランドスケープを得意とする。
写真展を定期的に行い、雑誌、広告、アーティスと写真、書籍など多ジャンルで活動中。
2011年3月に岡山に拠点を移す。全国及び海外を旅する日々。
2017年に最新写真集『ダレオド』(BOOK M ARUTE/Pilgrim)を上梓。
台湾を皮切りに、全国で展覧会とフェアを展開する。写真集に『新世界』(PLANCTON刊)
『IMMIGRANTS』(Octavus刊)などがある。

http://masakonakagawa.com/

トップへ
ニックネーム  
<コメント投稿に関する注意事項>
※投稿は、お客様の自己の責任において行うものとし、当社は、当該サービスを利用したことにより生じた損害に関する一切について何らの責任も負わないものとします。
※下記に該当・類似する投稿が発見された場合、予告無く、本サイト上から削除する場合があります。
 ・公序良俗に反するもの
 ・個人的な売買・譲渡を持ちかける内容、宣伝行為と判断したもの
 ・アートジェーンの管理運営を妨げる等、当社が不適切と判断したもの
Copyright 2018 Artefactory Inc. Allrights reserved.