トップ > 衣服造形 七月七日展 七周年記念展 概念+ 衣服 LABO展/Conceptual Clothing LABO Exhibition
  

衣服造形 七月七日展 七周年記念展 概念+ 衣服 LABO展/Conceptual Clothing LABO Exhibition

開催期間2018年3月21日(水)~2018年3月25日(日)
休館無休
時間11:00-18:00 ※最終日は17:00
会場Gallery 5610
ホームページhttp://www.deska.jp/
住所東京都港区南青山5-6-10 5610番館
お問い合わせ先exhibition77@gmail.com
日々の気づきを衣服で伝える
「概念+衣服」は、哲学者 鶴見俊輔が提言した「芸術は暮らしから生まれる」という「限界芸術論」から発想したものです。生活の中で実用物として着用されてきた衣服には、 国や土地の習俗や祭事、そこに自生する天然素材を加工する独自の技術など、民族学的な要素が色濃く反映されてきました。本展では、衣服を日本人にとって最も身近な限界芸術であるととらえ、「白」に関するリサーチと考察から新しい気づきを見いだし、そこからつくりだした衣服をご覧いただきます。


研究テーマ「白」
各作家が自身の生活の周辺や地域の道具、素材から 「白」を設定し、調査 、考察、研究、実験をもとに シ ャツを制作します 。 また、「白」 を通してどのようなことに気づき、 どのように発展させたか、「概念十衣服 LABO / Conceptual Clothing LABO」(研究発表会) において作品プレゼンテーショ ンを行い、発表いた します。


衣服造形 七月七日会とは
衣服を通して、社会に様々なメッセージを発信する衣服造形集団です。
「 概念+衣服 LABO / Conceptual Clothing LABO」をテーマに、シンポジウム&研究発表会、繊維•衣服関連施設見学会など、 衣服を通して鯛査、研究、実験、制作、発表を行っています。


関連イペント
・リサーチャー プレゼンテーション
作家たちの専門領域や生活にある 「白」 に目を向け、発見や疑問、興味深いことをあげ、それについて調ぺてゆきました。調査、研究から制作までの記録、実験の様子を映像やバフォーマンスで発表します。

日時 :3 月 21 日 (水 ) 15 : 00 - 17 : 00
会場 :Gallery 5610
聴講料 :500 円

主催:衣服造形 七月七日 会
主宰/監修: 眞田岳彦
お問い合わせ:衣服造形 七月七日会事務局  E-mail:exhibition77@gmail.com

トップへ
ニックネーム  
<コメント投稿に関する注意事項>
※投稿は、お客様の自己の責任において行うものとし、当社は、当該サービスを利用したことにより生じた損害に関する一切について何らの責任も負わないものとします。
※下記に該当・類似する投稿が発見された場合、予告無く、本サイト上から削除する場合があります。
 ・公序良俗に反するもの
 ・個人的な売買・譲渡を持ちかける内容、宣伝行為と判断したもの
 ・アートジェーンの管理運営を妨げる等、当社が不適切と判断したもの
Copyright 2018 Artefactory Inc. Allrights reserved.