トップ > 仁清と乾山 -京のやきものと絵画ー
  

仁清と乾山 -京のやきものと絵画ー

開催期間2017年11月3日(金)~2018年4月1日(日)
休館期間中は無休
時間9時~17時(最終入館16時30分)
会場岡田美術館
ホームページhttp://www.okada-museum.com/
住所神奈川県足柄下郡箱根町小涌谷493-1 
お問い合わせ先E-mail info@okada-museum.com  Tel. 0460-87-3931
(重要文化財)尾形乾山 「色絵竜田川文透彫反鉢」 江戸時代 岡田美術館蔵
(重要文化財)野々村仁清 「色絵輪宝羯磨文香炉」 江戸時代 明暦3年(1657) 岡田美術館蔵
尾形光琳・尾形乾山 「銹絵白梅図角皿」 江戸時代 岡田美術館蔵
尾形乾山 「夕顔・楓図」のうち「楓図」(部分) 江戸時代 岡田美術館蔵
美術館外観
岡田美術館(館長・小林 忠)は、2017年11月3日(金・祝)から2018年4月1日(日)まで、
特別展「仁清(にんせい)と乾山(けんざん) ―京のやきものと絵画―」を開催いたします。

江戸時代を代表する陶工 野々村(ののむら)仁(にん)清(せい)(生没年不詳)と尾形(おがた)乾山(けんざん)(1663~1743)。京都で活躍した2人は、日本陶磁の歴史の中で最も有名な人物です。
野々村仁清は、鮮やかな色絵陶器を完成させた人物とされ、「京焼の祖」とも言われています。仁清の作り出す端正で雅やかな器は、公家や大名家に重用されました。

一方、尾形乾山は、仁清に続いて京焼を発展させ、兄・光琳(こうりん)との合作の絵皿など、絵画とやきものを融合させた、これまでにない革新的な器を生み出しました。

本展では、重要文化財を含む当館収蔵の仁清と乾山の全作品を一堂に展示いたします。青、緑、金の色調と技巧を凝らしたデザインが魅力の古清水(こきよみず)や乾山の兄・尾形光琳の作品などと併せて、京の都で花開いた典雅な世界をお楽しみください。

トップへ
ニックネーム  
<コメント投稿に関する注意事項>
※投稿は、お客様の自己の責任において行うものとし、当社は、当該サービスを利用したことにより生じた損害に関する一切について何らの責任も負わないものとします。
※下記に該当・類似する投稿が発見された場合、予告無く、本サイト上から削除する場合があります。
 ・公序良俗に反するもの
 ・個人的な売買・譲渡を持ちかける内容、宣伝行為と判断したもの
 ・アートジェーンの管理運営を妨げる等、当社が不適切と判断したもの
Copyright 2018 Artefactory Inc. Allrights reserved.