トップ > 墨のちから─狩野派障壁画の世界
  

墨のちから─狩野派障壁画の世界

開催期間2018年3月10日(土)~2018年6月24日(日)
休館木曜日(3月29日、5月3日は開館)
時間9:30 am-4:30 pm(入館は4:00 pmまで)
会場ハラ ミュージアム アーク 特別展示室 觀海庵
ホームページhttp://www.haramuseum.or.jp
住所群馬県渋川市金井2855-1
お問い合わせ先E-mail arc@haramuseum.or.jp  Tel. 0279-24-6585
狩野永徳「虎図」(三井寺旧日光院客殿障屏画) 一幅 桃山時代(部分)【前期展示】
【前期】2018年3月10日[土]-4月25日[水]  
【後期】4月27日[金]-6月24日[日]

《狩野派》といえば、日本絵画史上最大の画派であり、室町時代から江戸時代まで400年にわたって君臨し続けた画家集団です。原六郎コレクションには、狩野派の絵師たちによる作品群「三井寺旧日光院客殿障壁画」があります。これは、近江八景の一つ「三井晩鐘(みいのばんしょう)」でも知られる三井寺(みいでら、正式には園城寺=おんじょうじ、滋賀県大津市)の塔頭の一つ、日光院客殿の襖絵として描かれたものです。本展では、狩野永徳の「虎図」など、この障壁画の一部を展示し、狩野派の絵師たちによる水墨表現の魅力を紹介いたします。

明治25年(1892年)、原 六郎が日光院客殿を建物ごと買い取り、東京・品川の自邸へ移築し、障壁画は掛軸と屏風に改装しました。昭和初期、この建物は護国寺[東京都文京区]に寄進・再移築され、名も月光殿と改め、今では重要文化財に指定されています。

原六郎コレクションとは、ハラ ミュージアム アークの本館にあたる原美術館[東京都品川区]の館長 原 俊夫の曽祖父である明治時代の実業家 原 六郎が収集したもので、日本近世絵画を中心に、書、工芸、さらには中国美術など、国宝・重要文化財をふくむ約120点の貴重な作品を有します。


トップへ
ニックネーム  
<コメント投稿に関する注意事項>
※投稿は、お客様の自己の責任において行うものとし、当社は、当該サービスを利用したことにより生じた損害に関する一切について何らの責任も負わないものとします。
※下記に該当・類似する投稿が発見された場合、予告無く、本サイト上から削除する場合があります。
 ・公序良俗に反するもの
 ・個人的な売買・譲渡を持ちかける内容、宣伝行為と判断したもの
 ・アートジェーンの管理運営を妨げる等、当社が不適切と判断したもの
Copyright 2018 Artefactory Inc. Allrights reserved.