トップ > 開館20周年記念展Ⅱ 細見コレクションの江戸絵画 琳派展20 抱一の花・其一の鳥
  

開館20周年記念展Ⅱ 細見コレクションの江戸絵画 琳派展20 抱一の花・其一の鳥

開催期間2018年3月3日(土)~2018年4月15日(日)
休館月曜日
時間午前10時~午後6時(入館は、午後5時30分まで)
会場細見美術館
ホームページhttp://www.emuseum.or.jp/
住所京都府京都市左京区岡崎最勝寺町6-3
お問い合わせ先E-mail info@emuseum.or.jp  Tel. 0757525555
開館20年周年記念展について
 1998年3月、細見美術館は京都・岡崎の地に開館いたしました。以降、当館は日本美術の魅力を多面的に発信し続けて参りました。なかでも「若冲」と、抱一・其一を中心とする「江戸琳派」は多くの方に熱いご支持をいただき、今や細見コレクション、ひいては日本美術を象徴するジャンルに昇華したといえましょう。

 開館20年を記念するこのたびの展覧会では、美術館とともに歩んできた彼らの作品を続けてご覧いただき、江戸時代絵画の豊潤な世界を改めてお伝えしたいと思います。第1弾「細見コレクションの江戸絵画 はじまりは、伊藤若冲」に続き、第2弾は「細見コレクションの江戸絵画 抱一の花・其一の鳥」。皆様に感謝を込めて、細見美術館が贈る美の祝宴をどうぞお楽しみください。




趣旨文
 19世紀前期に江戸で花開いた江戸琳派。酒井抱一(1761~1828)、鈴木其一(1796~1858)らが、京都で育まれた琳派様式を江戸風にアレンジし、大名から庶民まで、多くの人々を魅了しました。優美にして瀟洒なその画風は維新後も受け継がれ、琳派400年の流れにおいて大きな役割を果たしました。

 細見コレクションでは江戸初期の俵屋宗達、江戸中期の尾形光琳ほか、細見コレクションの江戸絵画以降、琳派の主だった画家の作品を取り揃えていますが、中でも早くから江戸琳派に注目し、抱一・其一の代表作をはじめ、ほぼ全ての画家を網羅しています。

 開館20周年第2弾は、開館以来毎年恒例の琳派展の20回目を兼ね、細見琳派の中から江戸琳派の花鳥画を展覧。抱一・其一の代表作をはじめ、細見美術館ならではの贅沢なラインナップで江戸琳派の魅力をお届けします。

トップへ
ニックネーム  
<コメント投稿に関する注意事項>
※投稿は、お客様の自己の責任において行うものとし、当社は、当該サービスを利用したことにより生じた損害に関する一切について何らの責任も負わないものとします。
※下記に該当・類似する投稿が発見された場合、予告無く、本サイト上から削除する場合があります。
 ・公序良俗に反するもの
 ・個人的な売買・譲渡を持ちかける内容、宣伝行為と判断したもの
 ・アートジェーンの管理運営を妨げる等、当社が不適切と判断したもの
Copyright 2018 Artefactory Inc. Allrights reserved.