トップ > Claudia Chanhoi 個展 -She-
  

Claudia Chanhoi 個展 -She-

開催期間2018年4月5日(木)~2018年4月9日(月)
休館なし
時間11:00~20:00
会場渋谷 Room_412
ホームページhttp://room412.jp
住所東京都渋谷区桜丘町15-8 高木ビル412号室
お問い合わせ先E-mail info@room412.jp  Tel. 05053198428
ファンタジーの部屋へようこそ。
Claudia Logo
Claudia Chanhoi
クラウディアの作品について:
クラウディアの作品はユーモアと皮肉に満ちているが、それらは異性愛者の女性として経験した現代の異性関係での体験と、女性のセクシュアリティに関する彼女の見解に基づいて物語られている。
彼女のカラフルなカートゥーンベースの画像の背景には、常に単純なメッセージや軽度の冗談が込められている。彼女の作品にとって、キャプションは非常に重要な要素である。彼女は良い作品はビジュアル的に面白いだけではなく、メッセージの伝達という目的を果たさなくてはならないと考えている。

クラウディアのバックグラウンド:
香港の中国カトリックの家族で成長し、彼女は女性のセクシュアリティが受動的で脆弱であると教えられました。性的行動は結婚外ではほとんど罪悪と考えられています。

12歳で女子カトリックの学校(そして日曜学校)を離れた後、「性」というものがどこにでも広まっていることを知った。ジェンダーの不平等のために、女性の身体はすべての物を売るための道具として広く使われてきた。しかし、現代の女性や有名人の中には、キム・カーダシアン、ニッキ・ミナージなどが「男性に対するエンパワーメントの表現」として客観化し、セクシュアライズしているものもある。また、女性の芸術家の中には、女性の性的な影響力を享受するために女性の身体を使って、社会からより多くの性的自由を受け取り、認識された性別の境界を押し広げている人たちもいます。

「私は、変化する視点と変化する力にとても魅了されています。現代フェミニズムの始まり以来、私たちは女性のセクシュアリティを解放するために長い道のりを歩んできました。若い女性たちは、これまでにないほど、彼女達自身が好きなだけセクシーになったり、声を出したり、希望どおりに自分の欲望を表現できると信じる権限を与えられています。」

2013年にロンドンのコミュニケーションカレッジで「女性の性的指向」に関する最終的なプロジェクトを開始しました。 3年後、彼女はプロジェクトを続けることに決め、Instagram(@brainxeyes)でイラストレーションを定期的に自己表現として投稿し始めました。 初期の段階では、女性の身体の部分が描かれていたのでInstagramは数回イラストレーションを削除した。 初期にはそれが彼女の製作の動機となり、彼女は常にInstagramの制約を通過し、境界を押し広げようとしていたのです。 (「Scenery」シリーズなどの作品)

展示歴:
2017 – Art Fair, Aqua Art Miami, Miami, USA
2017 – The London Illustration Fair, organised /
curated by the Art of Ping Pong, London, UK
2017 – Solo Exhibition, Tranter-Sinni Gallery, Miami, USA
2017 – Group Exhibition, Omeara, curated by SASS, London, UK
2016 – Solo Exhibition, Fashaddict, London, UK

Social Media Account:@brainxeyes
Website:claudiachanhoi.com

トップへ
ニックネーム  
<コメント投稿に関する注意事項>
※投稿は、お客様の自己の責任において行うものとし、当社は、当該サービスを利用したことにより生じた損害に関する一切について何らの責任も負わないものとします。
※下記に該当・類似する投稿が発見された場合、予告無く、本サイト上から削除する場合があります。
 ・公序良俗に反するもの
 ・個人的な売買・譲渡を持ちかける内容、宣伝行為と判断したもの
 ・アートジェーンの管理運営を妨げる等、当社が不適切と判断したもの
Copyright 2018 Artefactory Inc. Allrights reserved.