トップ > Gallery PARC【 当然の結末#2(鑑賞と干渉、言語能力、円周軌道):神馬啓佑 】展のお知らせ
  

Gallery PARC【 当然の結末#2(鑑賞と干渉、言語能力、円周軌道):神馬啓佑 】展のお知らせ

開催期間2018年3月23日(金)~2018年4月8日(日)
休館月曜休廊
時間11:00〜19:00
会場Gallery PARC
ホームページhttp://www.galleryparc.com/exhibition/exhibition_2018/2018_03_23_jimba.html
住所京都府〒604-8165 京都府 京都市 中京区 烏帽子屋町 502 2F〜4F
お問い合わせ先E-mail info@galleryparc.com  Tel. 075-231-0706
広報用画像
untitled(photographer)
prawn(ABC)
& belt
nice to meet you
【展覧会概要】
 Gallery PARC[グランマーブル ギャラリー・パルク]では、2018年3月23日(金)から4月8日(日)まで、神馬啓佑による個展「当然の結末#2(鑑賞と干渉、言語能力、円周軌道)」展を開催いたします。

 神馬啓佑(じんば・けいすけ/1985年・愛知県生まれ)は、2009年に京都造形芸術大学美術工芸学科洋画コース卒業、2011年に京都造形芸術大学大学院芸術研究科芸術表現専攻を修了し、在学中から個展・グループ展に積極的に参加、2016年に『VOCA展 現代美術の展望-新しい平面の作家たち-』(上野の森美術館、東京)に出品、同じく2016年に『肉とヴェール 清田泰寛・神馬啓佑 二人展』(京都芸術センター)に出展を重ねるなど、近年注目を集める画家です。

 これまで神馬は、美術史上の作品を熱心に研究するとともに、絵具が乾ききらないうちに指で即興的に描く作品や、描いた画面の上からメディウムを塗り、その表面を光沢が出るまで磨き上げた作品、線を描く代わりにマスキングテープで型取り、版画のように線や色を重ねていく作品など、多様な制作手法を用いた絵画作品を展開してきました。一方、描くモチーフや画題に関しては、初期から一貫して彼のごく個人的な感覚や経験、エピソードなどを出発点としており、近年は眼鏡やイヤホン、ベルトなどの自身の愛用品や所有物をモチーフに、それらを大画面に描いたシリーズ作品を発表しています。神馬はそれらを描く理由について、「自身の経験とモノの関係や時間」を描きたいと強く考えるようになったためであるとしています。

 神馬は現在、「所有物」のシリーズから発展し、「出来事」をモチーフに描く新作に取り組んでいます。本展「当然の結末#2」は、彼が京都~東京間を旅した、昨年のある3日間の経験を描こうとするものであり、サブタイトルとなる「(鑑賞と干渉、言語能力、円周軌道)」は、その3日のうちに出会った景色や人物、体験などから抱いた彼自身の印象や連想を端的な言葉にしたものです。

 これまでよりも長い時間軸や、自身の体験と記憶との関係など、多くの情報を含む「出来事」をテーマとするにあたり、神馬は、時系列に沿うスナップやストーリーではなく、「図解」という表現手段に着目します。「図解」が、”説明的なだけでなく造形的である”とともに、“情報が無限に広がる中で「個人的に整理し要約する」ような行為である”と考えるようになった神馬にとって、それは次なる作品展開への糸口であるとともに、「絵を描くこと」自体に対して新たな気づきを与えるものでもありました。

 本展において神馬は、「図解」から着想を得た表現・作品展開に挑むとともに、テキストや展示上のしつらえなどの要素を積極的に取り込み、絵画をめぐる様々な関係性をこれまで以上に広く捉えた展示に臨みます。
そこでは、彼が長年にわたって探求してきた「絵を描くこと」と同じように、極めて個人的な体験である「絵を観ること」についてもまた、私たちに新たな気づきをもたらす場所ともなるのではないでしょうか。



【ステートメント】
「所有物と出来事」について

 ここ最近の私の作品は、所有物を描くことが多く、実際、普段から身につけている日用品を描いています。それは単に所有物が描きたいというわけではなく、おそらく所有物との間にある「自分の経験とモノの関係や時間」を描きたいと強く考えるようになったためだと考えています。
 所有物は、その当時の趣向や時代の風潮、それから、所有者の生活レベルや立場を反映しているものです。 所有することは、所有者(自分自身など)の経験と実際のモノとの関係を指し、それは時に途切れたり、深く繋がったりと、モノとの関係を変化させていきます。そして、絵を描く行為は、目の前の様子をどのように考えるか、一体何を見ているのか、見えているものは何なのか、を何度も確かめさせます。
 所有物について考えることは、絵を描く行為に似ています。所有物について考え、絵を描くことで、その所有者の現在を反映した肖像に近いものになるのではと考えています。
 今回は、そこから飛躍する考え方で「出来事」をあつかいたいと考えています。例えば所有物や自分自身などを「点」のようだと考えると、その点を結んでいくとある出来事が浮かび上がり、愛着など体験や関係性が見えてきて、星座のように形が見えていく感覚があります。今回は、出来事を所有物やそれにまつわるエピソードを用いて、「何日間のある体験」というような時間を枠組みにして、形を導き出し、その集合を認識したいと考えています。

神馬啓佑



【展覧会名】======================
 当然の結末#2(鑑賞と干渉、言語能力、円周軌道)

【出展作家】======================
 神馬 啓佑 JIMBA Keisuke

【会  期】======================
 2018年3月23日[金]─ 4月8日[日] 11:00~19:00
 月曜日休廊 金曜日のみ20:00まで

【主  催】======================
 ギャラリー・パルク

【料  金】======================
 無 料

【会  場】======================
 Gallery PARC(グランマーブル ギャラリー・パルク)
 〒604-8165 京都府 京都市 中京区 烏帽子屋町 502 2F〜4F
 【Tel】 075-231-0706 【Fax】 075-231-0703
 【Mail】 info@galleryparc.com 【 HP 】 http://www.galleryparc.com

【アクセス】======================
 *ギャラリー・パルクは三条御幸町から下記に移転いたしました。
 地下鉄烏丸線「四条」駅・阪急京都線「烏丸」駅22・24番出口より徒歩7分。
 地下鉄烏丸線・地下鉄東西線「烏丸御池」駅より徒歩7分。
 京都芸術センターより北に徒歩2分。
 室町通・六角通 北東角 室町通側入り口より2Fへ


ギャラリーの詳細・アクセスなどは
ホームページをご覧ください。
http://www.galleryparc.com


トップへ
ニックネーム  
<コメント投稿に関する注意事項>
※投稿は、お客様の自己の責任において行うものとし、当社は、当該サービスを利用したことにより生じた損害に関する一切について何らの責任も負わないものとします。
※下記に該当・類似する投稿が発見された場合、予告無く、本サイト上から削除する場合があります。
 ・公序良俗に反するもの
 ・個人的な売買・譲渡を持ちかける内容、宣伝行為と判断したもの
 ・アートジェーンの管理運営を妨げる等、当社が不適切と判断したもの
Copyright 2018 Artefactory Inc. Allrights reserved.