トップ > 春燦燦――清婉峭雅の系譜    はるさんさん―せいえんしょうがのけいふ
  

春燦燦――清婉峭雅の系譜    はるさんさん―せいえんしょうがのけいふ

開催期間2018年4月1日(日)~2018年6月24日(日)
休館会期中無休
時間10:00 – 17:00(入館は16:30まで)
会場相国寺承天閣美術館
ホームページhttp://www.shokoku-ji.jp/
住所京都府京都市上京区今出川通烏丸東入
お問い合わせ先E-mail jotenkaku3@shokoku-ji.jp  Tel. 075-241-0423
春燦燦(はるさんさん)。名画に春を満喫する。
清婉峭雅(せいえんしょうが)とは、きよらかで美しく、おごそかで気品がある、の意。相国寺の高僧・絶海中津(ぜっかいちゅうしん)の詩文を賛美した、中国明代の高僧・道衍(どうえん)の言葉です。絶海中津(1334-1405)は〈五山文学の双璧(ござんぶんがくのそうへき)〉の一人と名高い、中世の相国寺文化圏を代表する人物。室町の世よりここ相国寺に連綿と続く美の世界を、相国寺、金閣、銀閣に伝来の名品群で披露します。
室町水墨画から近世絵画、また海を渡り来た中国絵画、そして金閣ゆかりの将軍足利義満の肖像、銀閣ゆかりの足利義政の和歌百首など、多彩なラインナップで展開します。

Ⅰ 墨彩 すみのいろどり  水墨画による春 墨色の世界に春を満喫する
Ⅱ 春夢 はるのゆめ    この世の春 足利義満が描いた夢 金閣銀閣の幻
Ⅲ 春陽 はるのひ     描かれた春 花、蝶、虫 うごめく春の情景

【関連プログラム】

◎ギャラリートーク
5月19日(土) 14:00―  高橋範子
6月9日(土)  14:00―  本多潤子(当館学芸員)

トップへ
ニックネーム  
<コメント投稿に関する注意事項>
※投稿は、お客様の自己の責任において行うものとし、当社は、当該サービスを利用したことにより生じた損害に関する一切について何らの責任も負わないものとします。
※下記に該当・類似する投稿が発見された場合、予告無く、本サイト上から削除する場合があります。
 ・公序良俗に反するもの
 ・個人的な売買・譲渡を持ちかける内容、宣伝行為と判断したもの
 ・アートジェーンの管理運営を妨げる等、当社が不適切と判断したもの
Copyright 2018 Artefactory Inc. Allrights reserved.