トップ > きらめきの結晶体/紡がれる物語
  

きらめきの結晶体/紡がれる物語

開催期間2018年6月3日(日)~2018年6月12日(火)
休館4、10、11日
時間11:00〜17:00
会場成安造形大学【キャンパスが美術館】ライトギャラリー
ホームページhttps://kiramekinokesshoutai.tumblr.com
住所滋賀県大津市仰木の里東 4-3-1
お問い合わせ先kiramekino2018@gmail.com
フライヤー
フライヤー
タイトル、作家名
『きらめきの結晶体/紡がれる物語』

本展覧会は、出品作家3名にゆかりのある「滋賀」「北海道」「愛知」「京都」を巡回していきます。

単純な巡回展ではなく、作品を長い時間かけて研磨された、「きらめきの結晶体」と捉え、「巡回する」ことによって、作家と作品に生じる変化について考察していくことや出会いの結果を、「紡がれる物語」としてコンセプトの中心に据えています。

また以上の趣旨から作品サイズは、トランクケースに収まることを条件とし、各会場では想いの詰まったケースの中身が繰り広げられます。
紡がれていく物語を目撃することで、各人にとって新たな旅へと向かう機会になれば幸いです。

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

コンセプト

「僕らは、きらめきの結晶体とともに旅に出る。」

結晶体は、きらめき美しい。

中でも鉱物は長い年月をかけ、世界の途方もない力によって奇跡的に生まれる。
そして、大地から掘りおこされ研磨されることで、結晶体はさらにきらめく。

生成された作品もまた、作家の関心の密度を高められた「きらめき」の結晶体といえる。

物語は、それぞれに紡がれる。

本展は、初夏から春先まで10ヵ月かけて滋賀・北海道・愛知・京都を巡る。
作者から離れ、プライベートな物語を見るものとの間に紡ぐ「きらめきの結晶体」
土地の空気を感じ、様々な人と出会う「つねに変化していく作家」
未知数である旅の中で蓄積され、結合し「結晶化されるきらめき」

それらが互いに影響し合い、次の土地へ引き継がれ、まだ知らない物語を紡いでゆく。

トップへ
ニックネーム  
<コメント投稿に関する注意事項>
※投稿は、お客様の自己の責任において行うものとし、当社は、当該サービスを利用したことにより生じた損害に関する一切について何らの責任も負わないものとします。
※下記に該当・類似する投稿が発見された場合、予告無く、本サイト上から削除する場合があります。
 ・公序良俗に反するもの
 ・個人的な売買・譲渡を持ちかける内容、宣伝行為と判断したもの
 ・アートジェーンの管理運営を妨げる等、当社が不適切と判断したもの
Copyright 2018 Artefactory Inc. Allrights reserved.