トップ > セサミスペース個展「降る本と遠辛子」
  

セサミスペース個展「降る本と遠辛子」

開催期間2018年6月3日(日)~2018年6月23日(土)
休館会期中無休
時間始発~終電(※最終日18時まで)
会場プロムナード・ギャラリー
ホームページhttp://www.sesamespace.net/
住所東京都千代田区神田岩本町1 都営地下鉄新宿線「岩本町」駅構内(改札外 A1・2出口方面) 〒101-0033
お問い合わせ先03-6206-8337
sesamespace " 降る本と遠辛子 "
■展覧会タイトル
降る本と遠辛子
■作家
セサミスペース
■会期
2017年6月3日(日)~23日(土)
始発~終電(※最終日18時まで)会期中無休
■会場
プロムナード・ギャラリー
東京都千代田区神田岩本町1 都営地下鉄新宿線「岩本町」駅構内(改札外 A1・2出口方面) 〒101-0033
■問い合わせ先
セサミスペース
東京都千代田区神田東松下町19 興亜第一ビルB2F fabre8710内 〒101-0042
T. 03-6206-8337
W. http://www.sesamespace.net/


このたび、アーティスト・デュオ「セサミスペース」は、2018年6月3日(日)より、都営地下鉄新宿線「岩本町」駅構内「プロムナード・ギャラリー」※にて、個展「降る本と遠辛子」を開催いたします。

今展は、2015年に連続開催した個展「東京(アズーマ・ケー)・岩本町」「続・東京(アズーマ・ケー)・岩本町」「Hair」、2017年「Rainy 豆腐」につづく、プロムナード・ギャラリー通算5度目の展示となります。

「降る本と遠辛子」では、セサミスペースの作品制作のテーマの一つである「経験のコラージュ」をベースに「東京(アズーマ・ケー)」シリーズを表現いたします。展示は、写真とテキストで構成する予定です。

“ 背負った荷物の重みで体のバランスがくずれ、たおれそうになる。
テーブルの上のグラスがスッとすべるのを手で止めようと反応する。
よく似た物語が二人の口からほぼ同時に語られる。
風で運ばれてくる種子は同一に見えるが同一ではない。
なぜこんなものを買ってしまったんだと泣きそうになる。
古本で指先がかゆくなったのではなく虫さされだと気づく。
見た目や味ではわからないこの中にあれが入ってるとわかる。”

駅の片隅に存在する、ほぼ使用されることのない展示スペースは、セサミペースのテーマ「宇宙の端っこ」にふさわしいスペースです。我々は、この場所で、シンプルに煌めきを放ちたいと考えます。

足をお運びいただいた皆さまはもちろんのこと、いつも地下鉄をご利用いただいている皆さまにも、通りすがりの方々にも、一瞬でも作品に気づいてもらえることを願っています。

一年ぶりの開催、3週間という短い期間ではございますが、ご高覧いただけますよう、よろしくお願い申し上げます。

セサミスペース

※「プロムナード・ギャラリー」は駅構内(改札外)の無人展示スペース(壁面)です。


■作家プロフィール

セサミスペース

写真、ビジュアルワーク、コラージュ、ドローイング、ビデオ、テキスト、小説、インスタレーションなど多岐にわたる作品を制作。
テーマは「経験のコラージュ」「宇宙の端っこ」。

(S)
三重県生まれ
東京都在住

イベントなどで作品を発表。2001年より映像作品の制作に取り組み、主に映像インスタレーション、コラボレーション、
ファッションショー形式により作品を発表。現在は、コンテンポラリーアートとしての写真、コラージュ作品など、
意欲的に「ビジュアルを意識した」作品制作に取り組んでいます。

(M)
大阪府生まれ
東京都在住

2012年9月1日より、セサミスペースの中の一つの人格として作家活動をリスタート。
プロジェクトの実施、イベントへの参加。fabre8710などでの個展や、数々のグループ展があります。
自作の小説などをZINEにしています。

主な個展
2017.6
「Rainy 豆腐」プロムナード・ギャラリー、東京
2015.11
「Hair」プロムナード・ギャラリー、東京
2015.10
「続・東京(アズーマ・ケー)・岩本町」プロムナード・ギャラリー、東京
2015.3
「東京(アズーマ・ケー)・岩本町」プロムナード・ギャラリー、東京
2013.9-10
「東京(アズーマ・ケー)」Right, there is nothing.、東京
2012.12-2013.3
「ソフトスペシフィック」fabre8710、東京
2011.7-8
「経験のコラージュ」fabre8710、東京
2008.5
「tree, woods, forest and Green Giant」dragonfly cafe、大阪
2007.10–11
「木と林と森とグリーンガム」fabre8710、大阪
2007.3–4
「coat」fabre8710、大阪

主なグループ展
2014.3-8
「OPEN SATURDAYS」fabre8710、東京
2011.9
「東北復興支援「赤べこプロジェクト」展」@btf 3A、東京
2010.2
「Toyota Art Competition -とよた美術展2010」豊田市美術館、愛知
2009.11
「写真新世紀東京展2009」東京都写真美術館、東京
2008.10-11
「Face to No Face」fabre8710、大阪
2008.10
「アミューズアートジャム2008 in 京都」京都文化博物館、京都

主なイベント
2015.9
「THE TOKYO ART BOOK FAIR 2015」京都造形芸術大学・東北芸術工科大学 外苑キャンパス、東京
2014.9
「THE TOKYO ART BOOK FAIR 2014」京都造形芸術大学・東北芸術工科大学 外苑キャンパス、東京
2014.5
「FIELD LAB BOOKSHOP」FIELD LAB、京都 (ZINE / BOOK GALLERY !)
2013.11-2014.1
「ZINE / BOOK GALLERY ! 2013」宝塚メディア図書館、兵庫
2013.9
「THE TOKYO ART BOOK FAIR 2013」京都造形芸術大学・東北芸術工科大学 外苑キャンパス、東京
2012.9
「THE TOKYO ART BOOK FAIR 2012」京都造形芸術大学・東北芸術工科大学 外苑キャンパス、東京
2012.7-8
「ZINE / BOOK GALLERY ! 2012」宝塚メディア図書館、兵庫
2011.7
「THE TOKYO ART BOOK FAIR 2011」アーツ千代田 3331、東京
2011.5-6
「ZINE / BOOK GALLERY ! 2011」宝塚メディア図書館、兵庫
2011.3
「MOUNT ZINE」SUNDAY ISSUE、東京
2010.11
「THE NY ART BOOK FAIR 2010」MoMA PS1、ニューヨーク(ZINE'S MATE)
2010.7-8
「THE TOKYO ART BOOK FAIR 2010」アーツ千代田 3331、東京
2009.7
「THE TOKYO ART BOOK FAIR 2009」VACANT、東京 (fabre8710)
2009.4
「101TOKYOコンテンポラリーアートフェア2009」アキバ・スクエア、東京 (fabre8710)

受賞
2010
Toyota Art Competition -とよた美術展2010 入選
2009
写真新世紀2009(蜷川実花 選) 佳作 受賞

プロジェクト
2012.10.1 -
「ART WALK(アートウォーク)」
2012.9.11 -
「ING」

主な参考文献
定期刊行物
2010.9
『IN/SECTS vol.002』青幻舎
2010.1
「VIEW VIEW BOOKS」『季刊 真夜中 No.8 2010 Early Spring』リトルモア

作品集
2015
『日溜まり』 (ZINE)
2015
『I NG』 (ZINE)
2013
『HOTEL 42.195』 (ZINE)
2013
『東京(アズーマ・ケー)』 (ZINE)
2012
『early summer』 (ZINE)
2011
『sesamespace in sesamespace in sesamespace Vol.2』 (ZINE)
2011
『sesamespace in sesamespace in sesamespace Vol.1』 (ZINE)
2009
『Border』 (ZINE)
2009
『space』 (ZINE)


■展覧会についてのお問い合わせは下記までお願いいたします。

セサミスペース
東京都千代田区神田東松下町19 興亜第一ビルB2F fabre8710内 〒101-0042
T. 03-6206-8337
W. http://www.sesamespace.net/
F. http://www.facebook.com/sesamespace

トップへ
ニックネーム  
<コメント投稿に関する注意事項>
※投稿は、お客様の自己の責任において行うものとし、当社は、当該サービスを利用したことにより生じた損害に関する一切について何らの責任も負わないものとします。
※下記に該当・類似する投稿が発見された場合、予告無く、本サイト上から削除する場合があります。
 ・公序良俗に反するもの
 ・個人的な売買・譲渡を持ちかける内容、宣伝行為と判断したもの
 ・アートジェーンの管理運営を妨げる等、当社が不適切と判断したもの
Copyright 2018 Artefactory Inc. Allrights reserved.